夢に殉ず (新潮文庫)

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 曽野綾子
  • 新潮社 (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (716ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101146355

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夢に殉ず (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妻がいるのに、働かない上に浮気も一人旅行も嫁黙認でしまくりのフラフラ男はフィクションでも許せない!という人は読まない方がいいかもしれません。

    結婚はしているが、フラフラとしている主人公・天野翔。
    神経質で世間体を気にしている実の姉からは、彼女の娘の結婚式に出ないで欲しいと言われる上に海外出張で居ない体を装ってほしいといわれる程。
    収入は主に一軒の安アパートの経営。服は大抵誰かのおさがりやフリマで安く買ったもの。
    風呂はどこかで手に入れた薪を燃やして沸かすタイプ。
    食卓に出てくる野菜も、畑で取れたもので、半自給自足生活。
    おまけに、愛してやまない妻が居るのに、愛人が複数人居る上に、しょっちゅうあちこち知り合いの所などに旅行へ。

    主人公は何かしらの組織に属して働く人間からみれば、きっと駄目人間と称されそうな人間ですが、友人は多く、いつでも心安らかに過ごしています。
    曾野綾子さんはエッセイで日本人の心の貧しさについてお話しされていることがありました。
    本作では、人が本当に大切にするべきもの、楽しむべき事を天野翔という男を通して綴られています。
    天野飛翔が妻とテレビを見ている時は、若干キャラがぶれている感覚を覚えましたが、貧しくても心豊などうしてだが憎めない主人公は読んでいて少しホッとさせられます。
    ページ数もあり、読み応えはかなりあります。

  • 700ページもある超大作。

    単調だけど、のんびりしていて
    心が穏やかになれる本。

    ラストも曽野さんらしい終わり方です。

    すごく暇を持て余しているときに再読したいです。

全2件中 1 - 2件を表示

夢に殉ず (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ツイートする