ブンとフン (新潮文庫)

  • 676人登録
  • 3.63評価
    • (49)
    • (70)
    • (123)
    • (10)
    • (0)
  • 88レビュー
著者 : 井上ひさし
  • 新潮社 (1991年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101168012

ブンとフン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 劇作家の井上ひさし氏の処女作。ああ、小説ってこんなに自由奔放で勝手気ままでいいんだなぁ、と嬉しくなる作品です。「世のお母さんたち」に読まれたくない部分にはノリシロがあり、このページを糊で貼り付けてしまうように、などという指示が出ていたりして、著者の遊び心にもニヤニヤしてしまいます。200ページぐらいですが、一日で一気に読めます。

    何せ刊行されたのがもう40年前ということで、登場する有名人や時代背景なんかはさすがに古いですが、随所に出てくる言葉遊びや語呂合わせ、著者の豊富で奔放な想像力と悪ふざけ、そして世の中への風刺は今でも鮮やかに輝いてます。きっと、これから数十年後に読んでも、やはり同じような色彩とシニカルな視点を読者に与えてくれるのだろうと思います。

    ナンセンス文学であり、世界への皮肉や批判も内在している風刺文学でもあるこの作品、時々本棚から抜き出して読めば、声を出して笑える時間を与えてくれるでしょう。

  • 作者が使う日本語は本当に生き生きしている。テレビや演劇といった分野で磨かれた言葉選びのセンスは活字になってますます輝く。こういう風に自在に文章が扱えたらどんなにか書くことが楽しいかと思う。
    作品としては児童読物の体裁をしているが、作者がこれを書いた時代背景からして、既存の旧体制を打破し、新しい価値観の創出を求める60年代の匂いが感じ取れる。思わず笑ってしまう馬鹿らしさでそれを表現できるのがナンセンス作家と呼ばれる井上ひさしの魅力だろう。
    改めてご冥福をお祈りする。

  • 初読

    読んだつもりになってたけど読んでなかった?
    挿絵に見覚えはある気がするのだけどなー。
    小学生の時に読めばよかったなー!!と心から後悔
    こういうタイプのユーモア、好きだったのよ…
    外国の実在の固有名詞のモジりとか、大好きなパターン。

    文学ミュージカルね。
    音の響きのテンポの良さ、センスの良さに今更ながら驚嘆。
    井上ひさしがご存命なら、フリースタイルバトルを面白がったのではないだろうか。

  • 今まで読んだ本の中で最も突飛でくだらない。著者のあとがきを読み、世の中の常識へ疑問を投げたものだと言う点で納得がいった。ギャグの連発が天才だと思う。

  • 作家のフン先生とその作品からとびだしたブン。
    ミュージカル的。どたばた。
    解説によると「ナンセンス文学の傑作」C0193

  • めちゃくちゃで面白い。

  • ユーモラスかつナンセンスに見えるが、その底流に流れるのは人間社会への救済と愛の精神であろう。

  •  井上ひさしの小説デビュー作。いわゆる「パニックもの」で、社会の「常識」や「秩序」をユーモラスかつアイロニカルに「解体」しているが、1960年代の時事を背景とした作品なのでさすがに古さは否めない。

  • まるでミュージカルのようだ。愉快なようで人の本質を突きつけられている気もする。だからこそ奇想天外と笑って終わってもいいのかもしれない。
    2015/6/4

  • 読書部課題図書その23

全88件中 1 - 10件を表示

井上ひさしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブンとフン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブンとフン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブンとフン (新潮文庫)の作品紹介

「ブンとは何者か。ブンとは時間をこえ、空間をこえ、神出鬼没、やること奇抜、なすこと抜群、なにひとつ不可能はなく…」フン先生が書いた小説の主人公、四次元の大泥棒ブンが小説から飛び出した!たちまち全世界に、奇怪なしかしどこかユーモラスな事件が…。あらゆる権威や常識に挑戦する奔放な空想奇想が生む痛烈な諷刺と哄笑の渦。現代戯作の旗手、井上ひさしの処女作。

ブンとフン (新潮文庫)のKindle版

ツイートする