魔剣伝〈暁ノ段〉 (新潮文庫―ファンタジーノベル・シリーズ)

  • 15人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 流星香
制作 : 高河 ゆん 
  • 新潮社 (1991年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101246116

魔剣伝〈暁ノ段〉 (新潮文庫―ファンタジーノベル・シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 魔剣に翻弄される人々の物語の始まり。
    最近の筆者の作風とはまるで違います。軽い文章まったくなし。魔剣、能という題材を組み込んでいて、その妖しさを強調するような雰囲気の文でかかれてます。
    妖しいものに取り憑かれて普通の人もだんだんと妖しく狂っていくさまとかが悲惨だったりするんだけど、それでも実感が感じられない。悲惨だな、って書かれていることを読んで思うんだけど、悲惨なんだよね?と自問しちゃうような。悲惨で悲劇な部分があると思うんだけど、悲劇性を感じられないというか・・・難しいな。物語だから当然なんだろうけど、ひどいな、って思えるものも全部物語に必要なもので、必要だと読んでいて感じるというか。
    なので、ハッピーエンド大好きな自分だけど、ほぼ唯一と言っていいくらい、救いを感じられないのに好きな本。

    この本を読んでいて感じるのは、「能の演目を見ている」感じ。自分の中ではそれに近い。登場人物が出てくる、舞う、謡う、退場する、そんな一連の流れを見ているような感覚。

  • 下巻として『黄昏ノ段』がある。恐ろしくも美しいもの、と言われると西洋のものより和のものが浮かぶようになったのはこの本の影響…かも。

全2件中 1 - 2件を表示

流星香の作品一覧

流星香の作品ランキング・新刊情報

魔剣伝〈暁ノ段〉 (新潮文庫―ファンタジーノベル・シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔剣伝〈暁ノ段〉 (新潮文庫―ファンタジーノベル・シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする