十一月の扉 (新潮文庫)

  • 346人登録
  • 3.89評価
    • (49)
    • (43)
    • (48)
    • (6)
    • (2)
  • 59レビュー
著者 : 高楼方子
  • 新潮社 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101298719

十一月の扉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 季節が巡ると読みたくなる本の一つ。
    十一月なので読まなくてはと本棚を探した。

    中学生の主人公が素敵な洋館に下宿した2ヶ月の話……とまとめてしまうと、何だ少女趣味なお話か、と思われるかもしれない。
    実際少女趣味なのだ。この年代の、特に本好きの女の子が欲しいと思う日常の世界が、この本の中にはぎゅっと詰まっているのだから。
    だからこそ、懐かしく、ほんのりと甘いような幸せを感じ、そして少し切ない気持ちになるのだ。

    主人公が下宿した「十一月荘」には、様々な年代の女性が出てくる。それぞれの悩みや不安が描かれることもあるが、それ以上に活き活きと楽しそうに生きている姿が描かれているのは、「大変なことはあっても、生きていくって楽しいことなのよ」という筆者からの一つのメッセージなのだと思う。

    何度も読んだ大好きな本だけれども、本を開くたび読み終わるのがもったいなくて、一気には読まないのだ。けれども、もう十一月も終わる頃、ようやく読み終わってしまった。
    きっと私は「この上もなくすばらしいものをあじわったあとの、どこか悲しげな、そしてすてきに満ちたりた」顔をしているのだろう。

    次のお休みは少しだけおしゃれをして出掛けてみよう。鞄に本をいれ、素敵な文房具屋さんに行ったり喫茶店でお茶を飲んだりしよう。
    そんな風に十一月が楽しくなる本だった。

  • 中学2年生の爽子が期間限定で「十一月荘」の住人になるストーリー。劇的な出来事が起きるわけではないけど、しみじみ味わい深くてあたたかみがあって何度も読み返したくなる本でした。

    十一月荘の住人が皆あたたかいのにベタベタとするのでもなく、ひょうひょうとしていて適度な距離感があって本当に素敵。
    ヒロインが中学2年生の女の子というところ、また爽子が描き出すストーリーなど、先日読んだ「ミーナの行進」とだぶる部分もあったけど、こちらの方が私にはしっくりきました。(「ミーナの行進」も素敵な本です)

    ドードー森の皆のお話だけで一冊の本にしてもいいくらい。
    解説がまたとびきり素敵なのです!(蛇足だという方もいるけれど 個人的には事実と創作の共演として完成度高いと思います)

  • 『わたしたちの帽子』が好きだったので。(2007/04/05)

    うわー、3年近く寝かせていたのか! ようやく読み終わりました。
    なぜもっと早く読まなかったのか・・・!と悔やむくらい。
    会社の行き帰りに電車の中で読んでたのですが、
    先が読みたくて会社に着いてからも読んでしまったりしました。

    日常生活を描いているんだけど、
    本当の“普通の生活”とは0.5段階くらい違うような感じ。
    『わたしたちの帽子』でも『緑の模様画』でも
    そしてこの『11月の扉』でも感じた、ありそうでなさそうな、
    でも読み終えたあと幸せな気持ちが残る、濃密な作品世界。
    それが、私が高楼作品に惹きこまれる理由なんだと思います。

    物語を書きたいと思ってる子って意外といるし、
    ちょっと親をうっとうしく思ったり、ほのかな恋心を抱いたり、
    あと、大人になるって悪くない、って思えるあたり、
    あー子どもたちにもたくさん読んでほしいなー。

  • この本をこの季節に読めた事、とても幸せに思います。両親の転勤と引越しをきっかけに爽子は憧れの下宿、十一月荘で暮らす事になります。その十一月荘の人々が個性的でみんな大好きです。爽子を取り巻く人々が大人の視点ではなくて、もっと対等な関係として爽子を受け入れてくれていて、その空間が心地よいです。るみちゃんとの年の離れた従姉妹のような関係も私自身、そんな風に遊んだ親戚の女の子がいたので共感していました。うまく感想にはならないけど、お気に入りの一冊が増えました。

  • 昔、少女だった人へ。今も少女の部分をどこかに残している人へ。

  • 素敵でした。かなり好みのお話。まずタイトルが素敵。作中作も良かった。秋の景色が見たくなって、熱い紅茶が飲みたくなった。なにげない描写や表現がいちいち琴線に触れた。大切なことがたくさん詰まっていた。同じくらい共感できる部分もたくさんあった。たぶん生きていくっていうのはこういうことなんだなって思った。これから、11月が特別なものになりそう。なんだかざっくりとした雑な感想になってしまった。個人的には、単行本の装丁が一番好みです。

  • 心をリフレッシュさせてくれる良書。
    私も十一月の扉を開きましょう。

  • 再読。十一月になるとつい読みたくなってしまう一冊。
    特に大きな事件は起きず、ただ淡々と十一月荘での毎日が綴られている。なのに、なぜか心がほっこりと温かくなる。
    十一月は何か新しいことを始めてみよう。

  • 「女の子」だった女性の誰しもが、いつか見たような物語。秋の日のおやつ時になると妙に読みたくなるような温かさ。

  • 温かい物語。
    あとがき(解説)がまたすごくいい。

  • 自分が11月生まれということもあって手に取った本。
    11月を寂しい意味でなく、素敵な意味合いで表現されているのがうれしい。
    「11月にはきっといいことがある」「何かを始める時に11月だったら始めてみる」

    そんな、“十一月荘”で家族と離れて過ごすことになる爽子ちゃん。
    素敵な住人との生活、それからここで起こったことを織り交ぜながら爽子ちゃんが描く「ドードー森の物語」
    物語の中の物語も、爽子ちゃんの成長を感じさせる。

    その後のストーリーも読んでみたいけど、ここで終わってるのがいいのかも。余韻があって、想像力を働かせて。
    だから、私には「耿介からの手紙」としてついている解説がもったいなく感じた。

    また11月になったら読み返そうかな…。というより、11月になったら本棚に並べようかな。

  • 王道な児童文学。
    中学生くらいの時に出会いたかったなぁとは思いますが、大人が読んでも十分楽しめます。
    日本語が綺麗で、また爽子が古き良きという風情漂う良い子で素敵。

  • カバー装画:藤本 将

  • 非日常の生活、いつもと違う人間関係、それが11月に始まって年末には終わると分かっていながら、充実した日々を送る爽子を内心羨ましく思ってる自分がいた。

    中学生の淡い恋の形が上手く描かれている。
    ちょっとしたことで喜んだり、不安になったり。
    彼女が綴るストーリーもまた彼女が出会う人々とリンクしていて読んでて面白かった。

    ”11月の扉”が私のそばにもあるかも!そう思ったら11月が待ち遠しくなる1冊。
    児童書の部類だけど、どの世代が読んでも楽しめると思う。
    それぞれの年代で読んだらまた新たな気持ちで読める気がした。10代で出会っていたたかったなぁ。

  • 主人公と同じ中学生のときに読むのが旬かもしれないけど,大きくなってからでも,昔のむずむず,どきどき,ほくほくした気持ちを思い出しながら楽しめた。
    素敵な人ばかり出てくるので,現実に疲れきたときに読んで癒されるのもいいかも。

  • 中学2年生の女の子のステキな甘えと反発の心。
    ふわふわした恋心、それに気付かない様に振舞う心。
    物語の中にリンクしたもう一つの物語もおもしろい。
    十一月の扉はどこかにあるはず。

  • 自分の少女時代を思い出した。果てることない空想、未来への希望や不安、いらだち、少年への淡い恋心。たった二ヶ月の十一月荘での生活だったけど、そこで過ごした時間は爽子ちゃんの一生の宝ものだね。大事に抱えてステキな女性になるんだろうな。暖かくて切なくて胸キュンキュンの小説でした。

  • 中学2年の爽子は転校までの2ヶ月を「十一月荘」で下宿することになる。個性溢れる住人との触れ合いの中で爽子は今までにない充実感を覚える。そして毎日の出来事を元に、ノートに物語を綴っていくのだった。
    実に少女趣味満載なお話。初めの印象はそういう感じでした。文房具屋でドードー鳥の描かれた素敵なノートを手に入れるだとか、十一月荘の作りやオシャレな住人、そしてそこに現れるカッコいい少年。しかしそんな記号的な「少女趣味」だけに終わらず地に足ついた多感な少女時代の葛藤なども描かれており、少女の成長記として面白く読みました。もちろん十一月荘での素敵な生活の描写もいいんですけどね。
    また爽子の綴る物語自体も面白く、物語が生まれる情景や物語がもつ力などもさらりと書かれていて、そこにも魅力を感じました。

  • 母からのおすすめで読んでみることにしました。
    爽子ちゃんの「大人になりたい」という想いがわいい。
    ドードー森もかわいいかった・・・。

  • 確か去年?とかに買ったものの、読まずに積んどいた本です…
    いやー秋だし、と思って満を持して。
    面白かった!つぼでした。
    赤毛のアン的なときめきが止まりませんでした。耿介と爽子がまた…なんと甘くて酸っぱい…
    お別れだなんていやだよ…

  • 風が冷たい季節になると読み返したくなる。登場する女の人たちが清々しい

  • うん、中学生の女の子だ。もやもやとして、単純と複雑が入り乱れた時期。会話のテンポが好き。

  • 感受性が強くて他人とうまく折り合えない時期のひとの気持などが感じられる、若い人に訴えるところのある本だなと思った。
    掘り出しものです。

  • 中学生の時に初めて読んで、最近また懐かしく思って再読。
    中学生の女の子には誰にでも経験したことのあるような「大人になりたい」「背伸びしたい」という気持ち。
    そのときを思い出してきゅんとした。
    ところどころに「懐かしさ」があふれている、あたたかい本。

  • 2011.4.15読了

    暖かくて可愛らしいお話でした。ドードー森の物語と現実がシンクロしてるところが面白かった。
    私も十一月荘で暮らしてみたい(笑)

全59件中 1 - 25件を表示

十一月の扉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十一月の扉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

十一月の扉 (新潮文庫)の新書

十一月の扉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする