こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)

  • 20人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 安保徹
  • 新潮社 (2009年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101350325

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 免疫についての説明と、対処療法への警告。納得のいく話だった。14.4.24

  • 副題「心とからだの免疫学」とあるように、交感神経・副交感神経といった自律神経系や免疫を中心とした身体づくりについて言及。ストレスに対する自律神経の反応や、誤った対症法による逆効果など参考となる点多し。

  • 免疫学の権威、安保先生の著書です。免疫系のリンパ球と顆粒球の役割の違いや、自律神経系との関連を分かりやすく説明しています。
    ガンの治療や感情と病気の関係など興味深い話が盛りだくさんでした。

    レベル:428

    多分、医学系の本の中ではレベルが高いのではないかしらね。

全3件中 1 - 3件を表示

こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

こうすれば病気は治る―心とからだの免疫学 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする