銀天公社の偽月 (新潮文庫)

  • 48人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 椎名誠
  • 新潮社 (2009年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101448336

銀天公社の偽月 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 椎名誠のSFは夜中に読むと迫力か増す気がする。

  • イマイチ盛り上がらない。武装島田倉庫は最高だったけど。

  • 濃密な「シーナ的なもの」にどっぷりと浸る。身悶えしちゃいそうなほどの快感。椎名誠さんはこの中の「塔のある島」で、ついに日本SF文学の頂点を極めたかもしれない。

  • 普段SFというジャンルを読まないので、これがSFとして平凡的な作品なのか、奇抜な作品なのか、冷静な判断ができずにいるのだが、恐らくは奇抜なのだろうと思う。

    作品が肌に合わないのか、そもそもSFというものが肌に合わないのか分からなかったが個人的には 『全体的にわけわからんが、でも椎名誠節が面白いから、まぁOK』 というのが正直な感想。

    最後の「高い木の男」という作品は凄く良かった。これだけ、妙に浮いているとは思うのだけど、何か意味があるのだろうか?

  • この本の評価なのですが、微妙・・・です。ただ一つ言えるのは「この小説は他国語に翻訳できない」ということ。何とかなりそうなのは漢字という表意文字を持つ中国語のみ。他の言語への翻訳は不可能だろう。小説が読者に何かを伝えるものだとするならば、翻訳不能ということは小説であるための必要条件を満たしていないのではと疑問を感ずる。この小説は例えるならば「抽象画」のような小説で、良いと思えば良いのだが、感性が合わなければ最悪という評価になる。理解するより感ずる小説なのだ。

    シーナさんのSF小説(いや超常小説といった方が適切か)は『アド・バード』『武装島田倉庫』『水域』『雨がやんだら』『ねじのかいてん』『胃袋を買いに。』『地下生活者』『中国の鳥人』そして本書と読んできたが、これほど異様な世界を持つ椎名氏と「怪しい探検隊シリーズ」その他ハートウォームなエッセイを書くシーナさんが同居することが驚異である。一つの頭の中にこのように異質な世界が同居するのはおそらく天才か狂人ということだろう。私はシーナさんのエッセイの熱烈な支持者であり、シーナさんを狂人扱いすることなど絶対にできない。怪しいといえば怪しいのだが、シーナさんは天才だと私は言いたい。

  • すごく好きです

全7件中 1 - 7件を表示

銀天公社の偽月 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀天公社の偽月 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀天公社の偽月 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀天公社の偽月 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀天公社の偽月 (新潮文庫)の作品紹介

脂まじりの雨が降る街を、巨大でいびつな銀色の月が照らしだす。銀天公社の作業員が、この人工の月を浮かべるために、月に添って動くゴンドラで働いている。そこは知り玉が常に監視し、古式怪獣滑騙が咆哮する世界だ。過去なのか、未来なのか、それとも違う宇宙なのか?あなたかもしれない誰かの日常を、妖しい言葉で語る不思議な7編。シーナ的言語炸裂の朧夜脂雨的戦闘世界。

銀天公社の偽月 (新潮文庫)はこんな本です

銀天公社の偽月 (新潮文庫)の単行本

ツイートする