サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)

  • 401人登録
  • 3.77評価
    • (36)
    • (58)
    • (67)
    • (3)
    • (0)
  • 47レビュー
制作 : Oscar Wilde  西村 孝次 
  • 新潮社 (1953年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102081020

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サロメ翻訳の文庫本は、岩波、新潮、光文社と出てるんだけど、岩波は旧仮名遣い使うほど古い訳で取っ付き難く、光文社のはこの現代語訳世界文学シリーズの他の本と一緒で思いっきり現代語訳。で、私的にはその中間の新潮文庫版が一番しっくりきた。あんまり現代語訳だとオスカー・ワイルドの原文の感じが出てないんじゃないかなーという気がする。

  • w

  • 今回読んだのは「まじめが肝心」だけ。
    戯曲が読み慣れなくて戸惑ったけど、鮮やかな喜劇で、痛快でした。私もバンベリーしてみたい。そしてこれは読むんじゃなくて、実際の劇で見たいなと思いました。

  • 再読。「サロメ」「ウィンダミア卿夫人の扇」「まじめが肝心」の戯曲三本立て。あまりにも有名なサロメは別格として、他の2編のほうが戯曲としての完成度は多分高い。好きなのはもちろんサロメだけれど、ドタバタ喜劇風で大団円の「まじめが肝心」は確かに大衆受け良さそう。

  • 観るための作品。

  • 文句なしの傑作戯曲集である。『サロメ』の女の怪しげな欲望は淫靡であり、効果的。チェーホフがまた読みたくなった。

  • 『サロメ』不気味で面白い話だった。狂気に満ちた悲劇。でも他の二作よりは印象が薄かった。

    『ウィンダミア卿夫人の扇』凄く面白かった。鮮やかに展開されるドラマの中で捩れてどうにもならなくなったかのような悲劇的な運命が、最後に鮮やかにハッピーエンドに帰着するという物語の巧みさが凄いと思った。ウィンダミア卿夫人が、アーリン夫人と接する中で次第に心情を移ろわせて行く様子も興味深く、箴言や逆説の中にもワイルドのセンスが光っていた。

    『まじめが肝心』これが一番好きだった。まるで幾何学的に積み上げられたかのように鮮やかに場面が展開する喜劇であって、そしてラストでは綺麗に落とす。喜劇として非常に面白かっただけでなく、登場人物のキャラも非常に立っていてついつい引き込まれてしまう。箴言や逆説も冴え渡っていて、非常にウィットに富んだ表現も多くてついクスリときてしまう。絶妙な機微を備えた作品だと思う。凄く気に入った。

  • 10/26 読了。

  • 『サロメ』
    ドリアン・グレイのイメージが強かったから,これが一番自分の中のワイルド像に近かったかも。
    ひとの美しさに惹かれることは危険。
    独特な言い回しが印象的。

    『ウィンダミア卿夫人の扇』
    展開としてはよくあるものだけど,ひとびとのやりとりが面白い。
    そしてラストもきちんとしめたのがすごい。
    オチって大事

    『まじめが肝心』
    確かにこれはすばらしい!
    諧謔にあふれた幸せな戯曲。
    注が詳しいからジョークも分かりやすい。
    聖書とか西洋文化を知れば知るほどこういう小説(?)は面白くなる。

  • 3つのお話が入っていますが、お目当ての「サロメ」が一番好きです。
    元より戯曲ってあまり得意ではないのですが、
    この文庫に収録されていた3つはどれも楽しく拝見できました。
    得意でなかったのは戯曲ではなくて、今まで読んだ戯曲…なのかもしれません。
    預言者ヨカナーンの首を欲しいと強請るサロメは、
    今でいう所のヤンデレ…と云うやつでしょうか。
    そういうのが好きなので、何とも楽しく読めましたし、美しいなと思いました。
    耽美、退廃美と云うのは、何とも心地良い美しさを備えています。
    ウィンダミア卿~もハラハラしながら読み進めましたが、
    思い直して良かったですね。最後はほっとするお話でした。

全47件中 1 - 10件を表示

オスカー・ワイルドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三島 由紀夫
ウィリアム・ゴー...
谷崎 潤一郎
フランツ・カフカ
ウィリアム シェ...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)の作品紹介

月の妖しく美しい夜、ユダヤ王ヘロデの王宮に死を賭したサロメの乱舞。血のしたたる預言者ヨカナーンの生首に、女の淫蕩の血はたぎる…。怪奇と幻想と恐怖とで世紀末文学を代表する『サロメ』。夫の情婦といわれる女が臆面もなく舞踏会に姿を現すが、はたして夫人は?皮肉の才気に富んだ風俗喜劇『ウィンダミア卿夫人の扇』。ワイルド劇の頂点を示す『まじめが肝心』の3編。

ツイートする