サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)

  • 398人登録
  • 3.77評価
    • (36)
    • (58)
    • (67)
    • (3)
    • (0)
  • 47レビュー
制作 : Oscar Wilde  西村 孝次 
  • 新潮社 (1953年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102081020

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
三島 由紀夫
遠藤 周作
三島 由紀夫
ウィリアム シェ...
ヘミングウェイ
ウィリアム・ゴー...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • サロメ翻訳の文庫本は、岩波、新潮、光文社と出てるんだけど、岩波は旧仮名遣い使うほど古い訳で取っ付き難く、光文社のはこの現代語訳世界文学シリーズの他の本と一緒で思いっきり現代語訳。で、私的にはその中間の新潮文庫版が一番しっくりきた。あんまり現代語訳だとオスカー・ワイルドの原文の感じが出てないんじゃないかなーという気がする。

  • 今回読んだのは「まじめが肝心」だけ。
    戯曲が読み慣れなくて戸惑ったけど、鮮やかな喜劇で、痛快でした。私もバンベリーしてみたい。そしてこれは読むんじゃなくて、実際の劇で見たいなと思いました。

  • 再読。「サロメ」「ウィンダミア卿夫人の扇」「まじめが肝心」の戯曲三本立て。あまりにも有名なサロメは別格として、他の2編のほうが戯曲としての完成度は多分高い。好きなのはもちろんサロメだけれど、ドタバタ喜劇風で大団円の「まじめが肝心」は確かに大衆受け良さそう。

  • 観るための作品。

  • 文句なしの傑作戯曲集である。『サロメ』の女の怪しげな欲望は淫靡であり、効果的。チェーホフがまた読みたくなった。

  • 『サロメ』不気味で面白い話だった。狂気に満ちた悲劇。でも他の二作よりは印象が薄かった。

    『ウィンダミア卿夫人の扇』凄く面白かった。鮮やかに展開されるドラマの中で捩れてどうにもならなくなったかのような悲劇的な運命が、最後に鮮やかにハッピーエンドに帰着するという物語の巧みさが凄いと思った。ウィンダミア卿夫人が、アーリン夫人と接する中で次第に心情を移ろわせて行く様子も興味深く、箴言や逆説の中にもワイルドのセンスが光っていた。

    『まじめが肝心』これが一番好きだった。まるで幾何学的に積み上げられたかのように鮮やかに場面が展開する喜劇であって、そしてラストでは綺麗に落とす。喜劇として非常に面白かっただけでなく、登場人物のキャラも非常に立っていてついつい引き込まれてしまう。箴言や逆説も冴え渡っていて、非常にウィットに富んだ表現も多くてついクスリときてしまう。絶妙な機微を備えた作品だと思う。凄く気に入った。

  • 『サロメ』
    ドリアン・グレイのイメージが強かったから,これが一番自分の中のワイルド像に近かったかも。
    ひとの美しさに惹かれることは危険。
    独特な言い回しが印象的。

    『ウィンダミア卿夫人の扇』
    展開としてはよくあるものだけど,ひとびとのやりとりが面白い。
    そしてラストもきちんとしめたのがすごい。
    オチって大事

    『まじめが肝心』
    確かにこれはすばらしい!
    諧謔にあふれた幸せな戯曲。
    注が詳しいからジョークも分かりやすい。
    聖書とか西洋文化を知れば知るほどこういう小説(?)は面白くなる。

  • 3つのお話が入っていますが、お目当ての「サロメ」が一番好きです。
    元より戯曲ってあまり得意ではないのですが、
    この文庫に収録されていた3つはどれも楽しく拝見できました。
    得意でなかったのは戯曲ではなくて、今まで読んだ戯曲…なのかもしれません。
    預言者ヨカナーンの首を欲しいと強請るサロメは、
    今でいう所のヤンデレ…と云うやつでしょうか。
    そういうのが好きなので、何とも楽しく読めましたし、美しいなと思いました。
    耽美、退廃美と云うのは、何とも心地良い美しさを備えています。
    ウィンダミア卿~もハラハラしながら読み進めましたが、
    思い直して良かったですね。最後はほっとするお話でした。

  • サロメが目的だったこともあり、サロメだけ読了。

    耽美なあの独特の雰囲気が好きです。

  • 映画「理想の女」を見て、慌てて原作を読んだ「ウィンダミア卿夫人の扇」。読んでみて、映画版はいい演出だったと感心。もう一回映画見ておこう。
    暇つぶしに読んだ「まじめが肝心」は、何やら小腹の減る話で、夕方17時だというのに、文庫を片手にサンドウィッチを食べてしまう始末・・・

  • かの「サロメ」ほか全3編を収録。で、この訳者って元大宮アルディージャの西村卓郎の祖父なんだよね。

  • この耽美っぷりがワイルドらしさでしょう。嫌みな人物設定にゾクゾクする。

  • サロメ(1893)
    ウィンダミア卿夫人の扇(1891/1892年初演)
    まじめが肝心(1895年初演)

  • " ヨカナーン " という響きだけでもうok。堪らん。← " アーネスト " を偏愛するお嬢さま連と大して違わない(汗)
    ところで、この訳でもサロメは魔性の女には見えないけど。

  • 「サロメ」,「ウィンダミア卿夫人の扇」,「まじめが肝心」まさかの戯曲でした(笑)知らないで買ってた。ワイルドは戯曲やら童話やら長編小説やら色々書けてすごいなと改めて感心した。どれもおもしろいし。
    戯曲の本はシェイクスピアしか読んだことなかったけど、ワイルドのものも読みやすくておもしろかった。
    「ウィンダミア卿夫人の扇」,「まじめが肝心」はドタバタ劇的な感じだった。どれもテンポが非常によかったと思います。
    サロメは狂気じみてて、短かったが非常にインパクトのある内容だった。

  • 本当に読みたかったのは最後に収められた『まじめが肝心』。見事な喜劇。言葉遊びも豊富に使われて、大笑いでした。『サロメ』は人を愛するが故の悲劇。『ウィンダミア卿夫人の扇』は貴族社会の人間模様が面白い。

  • ゾッとする痛快さのサロメ。

  • 「サロメ」「ウィンダミア卿夫人の扇」「まじめが肝心」の三編の戯曲集。二編目まで読了。サロメは個人的に文句なしの星5つ。サロメの先天的な、根底(血とでもいうべきか)からマッドな感じが素晴らしい。台詞運びも戯曲だけあってポエマティックで良い。ヨカナーンも凛々しくて素敵。そりゃあ首欲しくなるな、と納得できる。サロメの「〜しておくれだね」っていう言い回しは一度は言ってみたいものである。あとやはりオチが完璧。これ以外のすっきりできる終わり方はないだろう。残り2編はイングランドジョーク(ほぼ皮肉)がくどい。あと注釈が多すぎて面白くないギャグの解説聞いてるみたいな気分になる。

  • 西村孝次氏の訳文は、日本語として成り立たせる事に拘り過ぎて、青少年以下向きの文章の様にたどたどしいものになっている。ワイルドの劇的な文章には聊か向かない様に想う。矢張り福田氏の和訳(彼のは逆に原文に忠実すぎて日本語が少しばかり堅過ぎるが)の方が、ワイルドの耽美的な文章には相応しいのではないかと想う。

    サロメまで読んだ感想。

  • 戯曲3作が収録されている。
    私が読んだのは「サロメ」と「まじめが肝心」。

    「サロメ」は、若き頃にfemme fataleという主題に惹かれていたのが懐かしくなって、久しぶりにそういう悪女・魔性の女?の話を読もうと思って選んだ。
    けれど、特に魔性でもfemme fataleでもなかったような。。
    かの有名なオーブリー・ヴィンセント・ビアズリーの挿絵がなくて残念。


    「まじめが肝心」、読みやすいし楽しかった。
    貴族的というか、のんきにウツツを抜かしながら世間の喧騒から浮遊して生きている人たちだなあと感じる。
    覇気は無いが豊かではあると思う。
    セリフも小洒落たものがちらほら。

  • 19世紀末 アイルランド

    「サロメ」
    破滅の恋
    少女の叫びが耳にこだましているようだ。
    「ああ!おまえの口にくちずけしたよ、ヨカナーン、おまえの口にくちづけしたよ」

    「ウィンダミア卿夫人の扇」
    「善良な人たち」の醜悪さとおぞましさをえんえん見させられるのかと退屈していたら、金槌の一撃でなにもかもが変わって、悲劇に突き進む…自己犠牲の美しさ切なさの悲劇…と思ったら、人を食ったようなハッピーエンド。
    優れた詩人というのは、優れた人間観察者でもあるんだな!

    「まじめが肝心」
    愉快な喜劇だ。
    優雅にカードを裏返すように、すべての嘘が真実になる。

  •  サロメ/ウィンダミア卿夫人の扇/まじめが肝心の、3つの戯曲が入ったオスカー・ワイルドの作品集。
     まず、最初に著者紹介を見て「男色罪による獄中生活の後は不遇の晩年を送る」に驚く。
     そうだったのかー……。性的嗜好で罪に問われる時代ってすごいよね。こわい。
     そういった視点で読んでみれば、皮肉げな視点で社会を見ているのかも。

    ●サロメ
     サロメ怖い。父親怖い。母親怖い。ヨハネ可哀想……。
     今までサロメの狂気的な恋愛の話かと思ってたんだけど、想像以上にエキセントリックなサロメ。ほんとにヨハネしか見えてない。
     いいところでオチが付いたなぁと思う。

    ●ウィンダミア卿夫人の扇
     作中登場人物は知らないけれど、読み手(観客)はわかる情報が上手く出ていて、にやにやしながら楽しめる。

    ●まじめが肝心
     読んでいて笑いが出てくる。
     ほんとにひどい恋愛物語である。面白い。

     戯曲を読むことはほとんどなく、最初は読みつらいと感じるものの、物語が進むにつれ、違和感なく読むことができる。
     面白かった。

全47件中 1 - 25件を表示

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)の作品紹介

月の妖しく美しい夜、ユダヤ王ヘロデの王宮に死を賭したサロメの乱舞。血のしたたる預言者ヨカナーンの生首に、女の淫蕩の血はたぎる…。怪奇と幻想と恐怖とで世紀末文学を代表する『サロメ』。夫の情婦といわれる女が臆面もなく舞踏会に姿を現すが、はたして夫人は?皮肉の才気に富んだ風俗喜劇『ウィンダミア卿夫人の扇』。ワイルド劇の頂点を示す『まじめが肝心』の3編。

ツイートする