メガ! :巨大技術の現場へ、ゴー

  • 135人登録
  • 3.08評価
    • (3)
    • (6)
    • (22)
    • (7)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 成毛眞
  • 新潮社 (2015年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103292227

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

メガ! :巨大技術の現場へ、ゴーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いい会社とは、語るべきものが多い会社であり、悪い会社とは語るべきものが、ない会社だ。そして、語るべきものとはなにかというと、平均からの逸脱だ。

  • それぞれの技術の掘り下げが不足気味。

  • 良書。
    普通見ることができない、気がついていない、見ようとも思わない写真、取材。

  • 本書の中にもある「神は細部に宿る」。

    シールド工法によるトンネル掘削のようにキロ単位の工事に許される誤差はミリ単位。
    巨大なものを作ろうと思えば、極小誤差しか許されない。

    著者が実地で感じた巨大さは、本書では十分の一も伝わらない。巻末に見学可能な現場リストがある所以である。

    現場技術者の矜持やそれに対する著者の敬意は十分に伝わる。

  • 大人が社会科見学をした感想文。純粋に施設を知りたいなら別の手段で。これら施設を礼賛するのは良いのですが、「何かあればオンラインパッチで対応」を前提にしているとしか思えない品質で出荷していた企業の日本法人トップだったのですよね。

  • ☆3つ
    先に怪獣モノを読んだから、と言うわけでもなくなんとなく斜め読み。じつわわたしわ技術屋なので、こういう本には根っこのところで興味があるのだ。
    本の仕分けに関する機械装置(なんと一日で200万冊扱うらしい!)、と東海特種製紙という会社についてわづかながら関わっていて、少しびっくりした。m(_~_)m(すまぬw)。

  • 著者が国内外の巨大な施設を見学し、その概要をリポートする本。三菱重工長崎造船所(長崎)、国家石油備蓄基地(苫小牧)、東京ガス扇島工場(東京)、日本出版販売王子物流センター(東京)、海洋研究開発機構「ちきゅう」、など14箇所の巨大な施設が紹介されています。各施設は6ページずつのボリュームでオールカラーの印象的な写真も多数掲載され、その圧倒的なスケールを読者に伝えます。NHKの「探検バクモン」でも紹介された施設がありますが、まさにあの番組と同じ視点です。私自身が大学時代は土木工学を専攻し、ダムや橋梁といった巨大なインフラのスケール感はある程度把握していながら、黒部ダムや明石海峡大橋の実物を見た時の圧倒的な迫力に興奮した記憶が生々しく蘇りました。われわれの生活を支える施設、そして最先端科学には想像を絶する規模の構造物があると改めて実感します。社会人になって縁あって製鉄所の見学に行く機会に恵まれました。その時も感じましたが、いくら書籍やテレビなどでその規模が頭に入っていても自分の目や耳で感じる「本物」の迫力、スケール感は桁違いでした。規模の大きな物こそ「百聞は一見に如かず」、実際に感じることが何よりも記憶に残りますね。大人になってさえ、こんなに強く印象に残るのですから、是非子供たちにはこういう体験をたくさんさせてあげたいと思います。「理科嫌い」、「算数嫌い」なんか一気に解決しそうな気がするんですが。

  • 日常生活で目にする機会が少ない巨大建造物をみた時に、その現実を受け入れるまで一瞬思考が停止する。
    本書で紹介されているものは、その巨大さだけではなく、それらを支える精密さや最先端技術にも焦点を当てている。

    したがって、巨大建造物を見て一瞬思考停止をしたあとに、その精密さにスイッチを切り替える楽しさがあることを教えてくれている。巨大さゆえにグーグルマップで確認することができるものもあるが、やはり実物を見たい。スケール感は現場に行かなければわからないだろう。

  • 艦船マニアのダンナが行きたがってる三菱重工長崎造船所が掲載されてたので図書館から借りてきました。何気に浜松ホトニクスも掲載されてる!!株主なので、こういう誌面に掲載され注目を浴び株が上昇すればいいなぁ〜なんて邪なこと考えた。^^;

  • 大きいからこそ精密に作らなければならない。そこが日本の最も得意とするところ。

全14件中 1 - 10件を表示

メガ! :巨大技術の現場へ、ゴーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メガ! :巨大技術の現場へ、ゴーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

メガ! :巨大技術の現場へ、ゴーの作品紹介

こんな時だからこそ、デッカイもの、見ようぜ! 写真たっぷり。大人の社会科見学へ、ゴー。メガトン級設備の巨大さは、ディテールの緻密な現場技術があってこそ。帝都高速地下網から、石油備蓄基地の巨大タンク群、世界初の浮体式洋上風力発電所、地球深部探査船「ちきゅう」(写真)、奇跡的復興を遂げた日本製紙石巻工場、山手線級の世界最大CERN加速器まで、普段入れない場所へ取材敢行。行った見た考えた! !

メガ! :巨大技術の現場へ、ゴーはこんな本です

メガ! :巨大技術の現場へ、ゴーのKindle版

ツイートする