人形(ギニョル)

  • 403人登録
  • 3.42評価
    • (42)
    • (39)
    • (121)
    • (19)
    • (5)
  • 76レビュー
著者 : 佐藤ラギ
  • 新潮社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104577019

人形(ギニョル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発想はとてもよいが、それに見合うだけの文体や構成力がいまひとつ。
    特に結構大事なグラン・ギニョル座のふたりがないがしろになっているのには首をかしげる。
    しかし、「ギニョル」という言葉は素晴らしく美しい響きをもつなー。

  • 胸くそ系。悪口なんだけど褒め言葉になっちゃうかな、この作品においては。
    SM小説家の主人公が最初変態じゃない、って言うんだけどギニョルに会って変態になっちゃってからがもうやばい。生意気とかそんな理由で罰を与えるとか、心配と言って監禁し、自分の立場が上と教える必要があるとか何理論?理解不能。登場人物誰も好きになれない。途中何度も放棄しかけました。おぞましいとかじゃなくてとにかく変態の主人公が理解出来なくて胸糞悪い。まあ私がグラン•ギニョレスクな話には向かきませんでした

  • 意外とすんなり読めた。
    何より主人公が「生ぬるい」のと、描写があっさりしているのと、セックスシーンがないからかな。
    途中ほのぼの監禁生活になっていてちょっとマヌケ、というか終始お耽美ではないところも
    バランスは良いのかも。
    主人公が向こう側への憧憬を抱いているも、
    劇場に置いてけぼりにされてしまう結末はなかなか良かった。
    冒頭に出てくる男も伏線に活かして欲しかったけど。

  • 謎の美しき少年男娼ギニョル(人形)に出会ったとき
    主人公の男の人生は狂い始める

    ソフトなエログロという感じ?
    主人公は結局向こう側へは行けなかったんだな。
    そして友人のカメラマンは、帰ってこない世界へ行っちゃったんだな・・・と

    ギニョルがすさまじい

  • グロエロ耐性低い人にはおすすめしません。
    自分は一線を越えたと錯覚する、『普通』な小説家。
    本当に向こう側に行ってしまったカメラマン。
    天使のような生きた人形。
    物語が展開するにつれて『想定内』なグロさになっていくけど、あえてそうしてる感じ。
    じゃないと商業誌では売れないと思う。
    なにより、この作家がこれ一冊しか書いてないというところが作品の神秘性を高めている。

    ラストシーンのグロテスクさとスピード感に引き込まれる。

  • 美しくも傷だらけ、尻にはおぞましい刺青を持つ、謎の男娼ギニョル。
    中年SM作家の私は惹き付けられ、彼を仕事部屋に監禁した。
    本物の嗜虐を味わううち、仲間と一緒にギニョルを主役とした創作活動を開始。
    残酷人形劇グランギニョルはやがてエスカレート、こっちの世界とあっちの世界の境界線が曖昧になっていく。
    どこまでいってしまうのか?
    私が懸念しだした頃、ギニョルは隙をついて携帯電話を奪い、どこかへ連絡をした。
    「残念だけど、僕の勝ちだよ」
    その時、ドアを蹴破って侵入してきたのは・・・

    ギニョル可愛いよギニョル。
    私や坂ちゃんがギニョルに痛いことはするものの、エロいことは全然しなかったので、あっさり読めた。
    不気味なほど得体の知れない存在なのに抗い難い魅力を持ち、生意気だけど庇護欲そそるギニョルの描き方が秀逸。

  • 夏だから(だったから?)ホラーが読みたくて借りたのだったのだが。。ホラーというよりはエログロ?まあそれなりに。。

    前に、ハリガネムシ読んだ時もそうだったのだが、あまりのぐてぐての表現に、ううっと来るのだけど、なぜか読み進めてしまう。これって、自分の中にあるサディズムなのだろうか?見たくないけど見てしまう。

    正体不明の男娼、ギニョル(人形)名前も、国籍も不明。ある時間、ある場所にしか現れない。そのギニョルとりつかれたSM作家の男と、仲間のカメラマン。ギニョルを監禁し、SMDVDを作りネット販売にふみきる。。。しかし彼らには想像も出来ない世界にギニョルは住んでいたのだった。。。

    SM作家の男が普通の人だとは分かる。SM作家だけど、本当にそういう趣味の人ではないことは。。しかし、ギニョルに会って、崩れていく人格、性格、現れてくる本能、野望。。。ギニョルはちゃんと分かってて、警告する。しかし、普通であるゆえに止められない行為。エスカレートしていく彼らに対してギニョルが最後にとった行動とは。。

    最後、バンちゃんのカメラのレンズにギニョルの指が飛んでくるシーン。リアルで目の前に浮かんだ。バンちゃん。。。戻れない世界に行ってしまったのだなぁ。。。

  • 狂気の一線を越えたと驕り錯覚した男と、それを線の向こう側から見守り続けていた少年の話。女性とまともな男を全く出さずによくまあこれを広げて、さらにきれいに畳んだものだと感心する。…なんて醒めた/冷めた感想書けるのは、読み終わって小一時間も落ち着いてから。魔的なまでの暴力衝動を催させる性質とどこか退いた視点を併せ持つ人形によって紡がれていく物語に、慄然、という言葉の意味を体感できたように思う。ラスト、バンちゃんへの感情は、嫉妬か羨望か、あるいは挫折感か諦念か。決して美しくはないが、切なさだけは共感できる。

  • 売れない小説家が拾った小汚い美少年。誘拐し監禁し責め立てる。仲間も増え、責め立てる内容はどんどんエスカレートしていくのだが…。
    もっと別の角度からの切り込みを期待していたのに、似たような小説はごまんとある。倒錯的でお耽美好きな女性向けといった感じ。
    あ、これってホラー大賞取ったんだ。ホラー?

  • 友人には読まないほうがいいと言われるも、図書館で借りる。

    内容が予定と違い好みだったので、購入。
    ちょっと暗めの内容は大好物なのでよかったです。
    ラストがまた・・・予定外で好きでした。

全76件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

人形(ギニョル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人形(ギニョル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人形(ギニョル)を本棚に「積読」で登録しているひと

人形(ギニョル)の作品紹介

謎の男娼、その名は「ギニョル」。純白の肌に口を開けた真紅の傷跡が、平凡な中年男だったはずの「私」の中の何かを壊した。甘美な嗜虐と官能の日々。しかし、「邪悪ナル世界」に本当に監禁されたのは、実は私だった…。第3回ホラーサスペンス大賞。

ツイートする