ハイパーインフレの悪夢

  • 91人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (8)
    • (6)
    • (3)
    • (1)
  • 13レビュー
制作 : 黒輪篤嗣  桐谷知未 
  • 新潮社 (2011年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105062712

ハイパーインフレの悪夢の感想・レビュー・書評

  • 日本の財政破たんをイメージするには参考と成らないだろう。無駄な歴史書にしか感じられなかった。第一次世界大戦の敗北後のドイツの状況が事細かに記されてはいるが、その後第二次世界大戦に突入。
    金融や国家運営のお粗末だった大昔の話。
    現在の日本が財政破たんで同様な事態には成らない。
    馬鹿げた時代の出来事

  • 赤字国債の発行に国家財政を依存している日本。先進各国も、景気刺激策、周辺諸国救済のために紙幣を大量に刷る。歴史の教科書では僅かに触れられている程度のドイツの国家破綻の歴史からハイパーインフレについて考える。

  • ハイパーインフレは確かに悪夢。
    事実ならではリアリティを重みがある。
    家族を守るヒントを、ここから見つけ出さなければ。

  • 戦争の種は平和条約のなかに蒔かれる。
    赤字財政支出政策しなければ国内で流血内戦になっていた。
    財政不足から紙幣の乱発によりハイパーインフレ、その後の大不況と失業になりヒトラーが選ばれる。

  • 第一次世界大戦後にドイツで起きたハイパーインフレについての本です。
    原著は1975年とやや古めですが、邦訳は2011年にでたばかり。
    ハイパーインフレは社会全体を破壊しますが、その中でも利得者も生む。
    大部分の犠牲者は飢えと混乱で理性を無くしてしまうと。
    当時は紙幣の乱発がインフレを招く、という知識が
    中央銀行にも知られていなかったとか。
    本書は金融の本としても、ワイマール共和国史としても
    記述が浅く、シュトレーゼマンなどの人物にも軽くしか触れられていませんし、ナチ党やドイツ共産党についてもギャング扱いで、この辺を詳しく学んだ私にはどうも馴染めませんでした。

  • やっぱり、デフレが一番!正直訳し方が下手なようが気がします。

  • 「国を打ち倒したかったら、まずは通貨を破壊せよ」
    想像を絶するハイパーインフレの実態。。。というか、ほとんどどのページを見てもパンが一日で30%値上がりした、とかそういう話ばかりで逆に眠たくなるくらいだ。

    1914年に50%程度だったドイツのエンゲル係数は、1919年には75%になっていたという。1913年から1923年までに、丸くは実に1兆分の1の価値にまで暴落(というか微小すぎて無視していいレベル)

    WW1:軍部:戦争したい→政府:戦費調達→インフレ
    (兵士の戦意をある程度くじくくらいのインフレだったようだ)
    ベルサイユ条約(フランスがありったけの恨みを込めて創り上げた条約)
    マルク安にして重工業の国際競争力をあげるため(ウォン安みたい)、見た目の賃金をあげるため(実際はすごいインフレで銀行員の年収で4人家族を1ヶ月食べさせられるのがどうにかってくらいだったらしい。。。死ぬしかないやん)
    「ドル・物価が上がる」との認識。マルクが下がる、との認識はなく、より多くのマルクを求める。

    貯金などの資産価値は激減
    とにかく通貨をモノに変えようとして、老人が子供服を買ったりするくらい
    「パニックがあらゆる法を無視せよと言っている」

    インフレ→外国人にとっては旅行が激安(日本人もカメラ買いに行ってたらしい)→困窮する自分、豪遊する外国人→外国人嫌い
    インフレ→金融=ユダヤ人の陰謀説(なるほど!)→反ユダヤ主義

    ブルーカラーの給料がホワイトカラーの給料を凌駕。「頭脳にはもはや市場価値はない」と大学教授が嘆いたほど。(なるほど!知識階級に多かったユダヤ人がアメリカに行ってもいいやと思えただろうな。後から考えたら馬鹿としか思えないけど、これなら納得。)

    農民(=減少しない価値有るモノを持った人)のほうがいい生活。グランドピアノを小麦少しで手に入れるなど。

    中産階級の崩壊、反ユダヤ主義→ヒトラー台頭の温床に

  • 第一次世界大戦後にドイツが体験したハイパーインフレについて書かれた本。デフレ慣れした現代では想像できないが、インフレの恐ろしさが理解できる。初期の頃は、個人消費は活発になり、失業率は低下して株高になるなど見せかけの繁栄となるが、最後は社会がガタガタに崩壊し、あらゆる悪が助長され、病気や貧困がはびこる状況となる。時間が経過するたびに、インフレが猛烈な勢いで進んでいくので、読んでいるこちらも麻痺してしまう。終戦時に5000億個の卵が買えた値段で、その5年後には卵1個しか買えなくなったと表現されている。しかし、不平等が拡大した大混乱の社会を、うまく乗り切った人々も存在し、将来のインフレ時にとるべき行動のヒントになると思われる。

  • 津市津図書館----安濃図書館。

  • インフレ ローンの返済ができる
    1923 男7人がベルリンで豪遊しても一ドル紙幣をつかいきれず
    5ドル紙幣をくずそうとしても、それに匹敵するマルク紙幣なし

  • 337.934:Fe

全13件中 1 - 13件を表示

ハイパーインフレの悪夢を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイパーインフレの悪夢はこんな本です

ツイートする