死役所 2 (BUNCH COMICS)

  • 150人登録
  • 4.03評価
    • (12)
    • (15)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : あずみきし
  • 新潮社 (2014年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784107717719

死役所 2 (BUNCH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イシ間さんの過去話、ベタだけど泣けたなぁ…。死刑で死んだ人が職員だという設定だけど、最初の職員過去話が救いがある感じでよかった。

  • 朝読むと後味悪いが、人間味があって面白い。

  • 2015年読了

  • 石間さんの過去がせつない。あとやはりだんなより1日でも長く生きようと思ったよ。やっぱり突然の死ってのは納得できないよね。死後、こんな役所があれば身の振り方(いやいやw)もやりやすいだろうな。

  • ホントに、この漫画は心に来るなぁ。『異法人』や『不能犯』に匹敵
    締め付けられるってレベルじゃなくて、軋まされて、磨り潰されそうになる
    先巻で内容がどれだけ重いか、を判っていたから、精神的に参っている時に読んだら、必要以上に引っ張られ過ぎて、暗い感情をヘタに引き摺っちゃうな、と察しが付いていたので、ある程度、気持ちを調整して読んだのに、この始末
    面白可笑しさは微塵もないけど、確実に読み手の心に「何か」を突き刺す、力のある漫画であるのは間違いない
    暗い、とも違う気がする、全部の作品でないにしろ、死者が自分の死をしっかりと受け入れているから
    人は呆気なく死ぬ、そして、死は救いじゃない、けれど、蔑ろにしていい概念でもない、そんな当たり前の事を実感させられた
    ぶっちゃっけた話、あずみ先生の画力がまだ高くないからこそ、死者の無残な姿がキツく映り過ぎず、なおかつ、ストーリーが澱むのを食い止めている気が、私にはした
    どの話もショッキングだが、やはり、私は表紙にも登場している、“漫画家”の塙さんが主役にされた『腐ったアヒル』を推す
    また、巻末のオマケが、本編の陰鬱さを少し和らげてくれて助かる
    ラストで、良くも悪くも空気を読まないシ村さんの過去が明らかになりそうな気配があり、次巻も読み応えがありそうである
    好みは分かれると思うが、「この漫画がスゴい!」などで注目される可能性は高いんじゃないだろうか

  • 心に残ったのは、やっぱりイシ間さんのお話。
    芋泥棒ゲスいよ・・・。切な過ぎて泣きそうになった。
    松シゲさん滑舌悪すぎてなんていっているのかわからない(笑)

全7件中 1 - 7件を表示

あずみきしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

死役所 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死役所 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死役所 2 (BUNCH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

死役所 2 (BUNCH COMICS)の作品紹介

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。魂抉る死者との対話、慟哭の第2巻。

死役所 2 (BUNCH COMICS)のKindle版

ツイートする