意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 東洋哲学覚書

  • 19人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 井筒俊彦
  • 中央公論社 (1993年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120021954

意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 東洋哲学覚書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書は『大乗起信論』を井筒流に読みといて、深遠な思想をわれわれ素人にもわかりやすい言葉で示されている。ここで私が特に注目したのは、『起源論』の思想のスタイルの特徴のひとつとして、「全体が、一分の隙もなく、ガッシリと論理的に組立てられ」ているようにみえるが「その内部に踏みこんでみると、強靭で柔軟な蛇行性を以て思・が流れている」のである。「河合隼雄の人生読本より」

全1件中 1 - 1件を表示

井筒俊彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 東洋哲学覚書を本棚に「読みたい」で登録しているひと

意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 東洋哲学覚書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 東洋哲学覚書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 東洋哲学覚書はこんな本です

意識の形而上学―『大乗起信論』の哲学 東洋哲学覚書の文庫

ツイートする