東京アクアリウム

  • 106人登録
  • 2.92評価
    • (1)
    • (8)
    • (30)
    • (10)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 小池真理子
  • 中央公論新社 (2010年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120040894

東京アクアリウムの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『もう何も始まらない。終わらない
     だが私たちはゆったりと泳ぎ続ける』

  • 3、40年女をやっているといろいろある。
    弾性や、若い人には理解に苦しむ短編集かも。
    私はちょっと考えちゃった。

  • 短編集

  • さらっと読了。中年女子のグチョグチョな話。イマイチ、心に響かなかったので★ひとつということで。

  • 短篇。

    オカマのママとすごす年末。
    病気の末に亡くなった友人に強烈に嫉妬した瞬間。
    壊れていく夫を見守ることしかできない妻。
    気の合う女友達との夜。

    ひょんな出会いをした女の子との淡いとき。
    都合のいい男にいつの間にか合わせていた女。
    施設に入る母の猫を引き取る母娘の心境。
    懐かしい父の記憶と自分が作り上げた家族。

    世の中の人って結構不倫しているの?
    離婚に不倫が世には渦巻いているんだね。

    年老いていく母、心を閉ざす娘。二人の間を取り繕う母であり娘の美千代。
    罪のない猫。

    猫別れで、不覚にも感動してしまった!)^o^(

  • 艶っぽい、しっとりした物語たち。
    でもやっぱりどこか、ぽっかりともの悲しい。

  • 短編8話。

    リリー・マルレーン

    二匹の子鬼
    東京アクアリウム
    小曲
    モッキンバードの夜
    猫別れ
    父の手、父の声

    なんとなく中途半端と感じるのは文学としてではなく、推理小説として読もうとしているためだろうか。

  • 題名に惹かれて読み始めた。
    男女のもつれ、家庭に円満に納まることのできなかった女たちの話だ。小話が何話か入っているが、その小話の終わり方が少し尻切れトンボに感じた。余韻、といえば余韻だが、あまりにも登場人物のその後を読者と、登場人物の手腕にゆだねすぎているような感じだ。まあ、これで話が終わってしまうのが残念だと思わせるのだから、おもしろくはあるのだ。
    描写が細かくて、現実感に富む文章だった。様々な人生、立場にある女性を見て、こんな世界もあるのだ、と社会勉強になった気がする。夢うつつの世界に入りがち、な読書も、これを読めば現実の酸いも甘いもある世界に呼び覚まされることだろう。

  • おもに30台~40台女性のいろいろな恋愛のかたち。
    どれも傷ついてたり形が歪んでたり。
    「猫別れ」は毛色が違う作品だったけど、最後に一緒に涙してしまったわ。

  • 不倫したり、駄目な異性に惹かれたりする話が多くて、自分にはまだ早いかな…と思った。

全27件中 1 - 10件を表示

小池真理子の作品

東京アクアリウムを本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京アクアリウムを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京アクアリウムを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京アクアリウムを本棚に「積読」で登録しているひと

東京アクアリウムはこんな本です

東京アクアリウムの文庫

東京アクアリウムのKindle版

ツイートする