ナポレオン戦線従軍記 (中公文庫)

  • 17人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 滝川 好庸 
  • 中央公論社 (1988年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122015081

ナポレオン戦線従軍記 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • ビジネス実務法務検定の勉強をすべきなのに、土日をかけてついつい読んでしまった。
    やはり、実体験に基づく歴史ものはおもしろい。

    本書は、フランス革命下、一義勇兵がナポレオン軍の一員として、イタリア、エジプト、ドイツ、ロシア、スペインで戦った記録。

    果敢に敵地に飛び込み、なんども殺されそうな危機を乗り越え、何度も重傷を追い、当時不治の病とされたペストや破傷風にかかっても生き残り、確実に昇進していった著者の強運には驚くばかりだ。
    また、当時の貴族に生まれたわけでもないルシヨン氏がこれほど詳細で、生き生きとした記録を書いたということは、最もおろどくべきことだ。

    299
    私は~この立派な連隊長を模範として努力を重ねた。
    今にして思えば、~私は大佐の長所を認識していながら、十分に仕えてその体験から滲み出る教えを深く吸収していなかった気がしてならない。

全1件中 1 - 1件を表示

ナポレオン戦線従軍記 (中公文庫)の作品紹介

「小柄、貧弱、蒼白な顔、大きな黒い目、痩せこけた頬、こめかみから肩まで垂れ下がる俗にいう犬の耳という長い髪。彼はブルーの上衣を着、淡褐色のフロックコートを着用していた。要するに、イタリア遠征軍の指揮を執り始めた頃のブオナパルテは、誰からも好意ある目で見られていなかった。」ナポレオン軍の一擲弾兵として各戦場を転戦し、指揮官としてのナポレオンの真実の姿を克明に日誌に綴った男の、希有の歴史証言。

ナポレオン戦線従軍記 (中公文庫)はこんな本です

ナポレオン戦線従軍記 (中公文庫)の単行本

ツイートする