寂聴 今昔物語 (中公文庫)

  • 20人登録
  • 3.43評価
    • (2)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 瀬戸内寂聴
  • 中央公論新社 (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122040212

寂聴 今昔物語 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 清少納言の恋人である陸奥前司橘則光が話に登場してきたり、安倍晴明が出て来たりしました。
    また、中国やインドの話もあったりして、三蔵法師の話もありました。
    なにより興味深かったのは大和の箸墓のお話。天皇の皇女のお話。皇女が男の約束を守らなかったため、男が箸を皇女の陰部に突き立てたため死んでしまった。その皇女の墓が奈良にある箸墓古墳のようです。

  • 今昔物語集の抜粋訳。
    平安時代の古典訳では瀬戸内寂聴の右に出る者はない、と思います。まして今昔物語のように庶民に伝わる話が主のものでは、普通の訳では硬くなりがちです。当時書かれたのは内容的に決して硬いものではなかったはずで、あくまで想像ですが、読後の感想が一番当時と近いのは寂聴訳である気がします。

    「今ハ昔」で始まり、「トナム語リ伝ヘタルトヤ」で終わる物語集。
    芥川龍之介作品の元ネタも多々入っています。
    抜粋でなく、全てを寂聴訳で読んでみたいです。

全2件中 1 - 2件を表示

寂聴 今昔物語 (中公文庫)の単行本

ツイートする