獅子は死せず(下) (中公文庫)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中路啓太
  • 中央公論新社 (2015年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122061934

獅子は死せず(下) (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “政治”の世代と“合戦”の世代とが交錯した舞台ということになった“大坂の陣”…そこを駆ける毛利勝永…何か“力”が湧く…
    そして本作では…物語の冒頭部で「妙な“活躍”」を見せる助左衛門…最後の最後まで味わい深い…余談だが…本当に作中のような妙な男だったか否かは判らないが、土佐で毛利勝永の伝記的な事項を含む事項を書き綴ったという人物が在って、その人物が助左衛門というそうだ。そして、それがこの毛利勝永について伝える有力な史料なのだそうだ…
    “大坂の陣”を巡っては、真田信繁(幸村)が圧倒的に有名で、次いで後藤又兵衛が知られるという感であろうか?毛利勝永は知名度はやや低いのかもしれないが…「好いなぁ…」という大将で、何か“力”を貰えるような人物で興味深い。
    こういう人物に出逢えるから、時代モノは愉しい!!

  • -

    誰より理知的で、かつ自らも抑えきれない生命力を有し、家族や家臣への深い愛情を宿した戦国最後の猛将の生涯。『うつけの采配』の著者によるもう一つの傑作。

全3件中 1 - 3件を表示

中路啓太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

獅子は死せず(下) (中公文庫)を本棚に登録しているひと

獅子は死せず(下) (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

獅子は死せず(下) (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

獅子は死せず(下) (中公文庫)の作品紹介

大坂冬の陣で大きく傷を負った豊臣家。毛利勝永は一人篭城での徹底抗戦を訴えるも、大坂衆を中心に徳川との和議が成立してしまう。無念の勝永は豊臣を離れ、商人への転身を決意。海外貿易に死地を求めるが…。誰より理知的でありながら、自らも抑えきれない強い生命力と、周囲への深い愛情を宿した戦国最後の猛将の戦い。

獅子は死せず(下) (中公文庫)はこんな本です

ツイートする