野球盲導犬チビの告白 (文春文庫)

  • 22人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 井上ひさし
  • 文藝春秋 (1989年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167111168

野球盲導犬チビの告白 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読売巨人の選手などが実名で出てきて悪事を行うというとんでもない小説。自分もアンチ読売だが、これはひどすぎる。

  • 最初に一言 
    巨人ファンは決してこの本を読んではいけない!

    本棚管理人はアンチ巨人ファンではないが、アンチ巨人や大洋ホエールズのオールドファンには痛快なファンタジー小説である。


    “野球盲導犬”チビが語る、横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)に所属する盲目の打者田中一郎の物語。舞台は昭和54年(1979年)のセリーグペナントレースで、対巨人戦を中心に描かれている。

    チビは球団の計らいでユニフォームのようなものを身につけ、主人の田中一郎がバッターボックスに立つときには、田中のホームラン数を表す星のシールがついたヘルメットを被って出場するというファンタジー小説。

    面白いのは、監督をはじめ、選手などの登場人物は実名で、登場するエピソードも虚実織り交ぜており、この当時のプロ野球ファン、特に大洋ファンなら懐かしいこと請け合いの小説。

    例えば、チビがシピンを語る件(くだり)では、「ぼくのことを一番しつっこく苛めたのはシピンだな。この男には「さん」はつけない、いや、絶対につけたくないんだ。覚えてるかな、去年の大洋-巨人戦で、この男がうちの門田さん(管理人註:門田富昭/かどたふみあき)に襲いかかった事件を。...」などと、実際にあったエピソードが登場する。
     
     
    長くなるので、当時のプロ野球情報等、続きはブログ記事『【書籍】『野球盲導犬チビの告白』(井上ひさし著/実業之日本社)』に掲載。
    http://daishi100.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-dc95.html

  • 中一の秋に読んだ。大人は怖い。チビがんばれ!と思ったのだけ覚えてる。

全4件中 1 - 4件を表示

井上ひさしの作品

野球盲導犬チビの告白 (文春文庫)はこんな本です

野球盲導犬チビの告白 (文春文庫)の単行本

ツイートする