アキハバラ@DEEP (文春文庫)

  • 2997人登録
  • 3.49評価
    • (228)
    • (387)
    • (760)
    • (83)
    • (18)
  • 389レビュー
著者 : 石田衣良
  • 文藝春秋 (2006年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (542ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167174118

アキハバラ@DEEP (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秋葉原、オタク、AI(人工知能)、略奪と奪還がキーワードの石田衣良さんの冒険活劇です。
    今でこそAKB等のアキバ発のPOPカルチャーが広く活躍していますが、2002年当時に秋葉原という電脳街を舞台にこんな面白い話を書いていたのですね。
    一見どこにでもいそうなオタク達がネットのコミュニティーを通じてチームを結成、HPの目玉として作ったコンテンツ・ツールが世界のネット社会の常識を根底から変えてしまう様な大成功をおさめ…
    とここまで書くと順風満帆の様に思えますが、その過程でIT社会を牛耳ろうとする強大な敵が登場し、手痛いダメージを受け反撃ののろしを上げる…といった物語です。
    登場する悪役が、まんまホリエモンやソフトバンクの孫正義を連想させ、ビジュアル的にもそっくりに描かれているところなど笑えます。
    石田作品はストーリーやキャラ設定が面白く、読んでいて頭の中に情景が浮かぶのですが、この作品もTVドラマや映画になっていて口コミ評価も良いので、またの機会にチェックしたいです。
    実に400ページを超える長編小説ですが、さすがの石田作品、あっという間に読み終えてしまいました。
    ライトな作風の石田さんがディープに掘り下げたオタクの世界観、面白いですよ。

  • だいぶ前に買ったものの、PC音痴すぎてAI?サーチエンジン?なにそれ?おいしいの?状態になってしまい、読みかけで放置していた本。

    ようやく読み終えました。読みづらかった、、
    PC用語は相変わらずよく分からないので完璧に理解しての評価じゃないけど、衣良さんの作品群の中では理系男子向けの本かなぁ。私はPCに限らずオンラインゲームやチャット、RPG等全て初心者レベルなので、解釈色々間違っているかも。

    吃音、女性恐怖、色素欠乏症など個性豊かなオタクたちが結束して、自ら考え学習するサーチエンジンを生み出したものの、大手との提携を拒んだらえらい目に遭い…大切なものの奪還を試みるというのがおおまかなストーリー。

    「すごい才能があるのに活かせていない」電脳オタクさんはネットの世界でたまに見かけるけど、彼らが結束して本気を出したらこんな風に…はならないか。

  • パソコン関係を少しでもかじってないと読みにくいかも?というのが初発の感想かも。
    それさえ大丈夫なら、登場人物がひとくせもふたくせもあるので読みやすいです!
    タイトル通り、秋葉原を舞台にしているので読んでいると秋葉原に行きたくなります^^
    クルーク(作中登場するサーチエンジンの名前)があったらなぁって思ってしまいます(笑)

  • 2回目。
    吃音や超潔癖症など、どこかしら欠陥のある6人だけど、一つの目標に向かってまっすぐに進んでいくと、とてつもなしパワーが生まれる。
    6人のように仕事に取り組めるのって羨ましい。私には絶対無理だってわかってるから。

    ドラマ観たくなってきた!

  • 普通の人とは馴染まないオタクのチームが巨大産業に立ち向かう。AIを使った検索エンジンのアイデアが良い。本当に表れそうな気がする

  • オタク・ニートなど、社会からドロップアウトした6人の若者たちが、高度な人工知能による画期的な検索エンジン「クルーク」を作り上げる。
    しかし、成功や注目とともに、その価値を奪おうとする組織から狙われることになる。

  • 2017/10/05 読了

  • プロローグだけ読んで意味が分からなくて「あ、駄目かも」と思いかけたのですが、途中から加速度的に面白くなって、一気に読んでしまいました。いいぞ、オタク。

    途中・途中で都合よすぎないか?と感じる部分もなくはなかったのですが、アキハバラ系ではなくとも、ディープになにかにのめり込んだ人間の繋がりの濃さや絆の強さ、得意分野における凄まじい情熱と能力などは多少なりとも理解できるので、許容範囲内でした。あと、喜んで檻に入るフリーターの話、ちと怖かった。リアル。

  • 子供が喜びそうな本だな。
    20年前くらいに読むと、もっとエキサイティングだったろうな。技術は進歩するものだ。えらく昔の話ように聞こえる。

  • 社会からドロップアウトした5人のおたく青年と、コスプレ喫茶のアイドル。彼らが裏秋葉原で出会ったとき、インターネットに革命を起こすeビジネスが生まれた。そしてネットの覇権を握ろうとする悪の帝王に、おたくの誇りをかけた戦いを挑む!TVドラマ、映画の原作としても話題の長篇青春電脳小説

全389件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石田 衣良
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

アキハバラ@DEEP (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アキハバラ@DEEP (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アキハバラ@DEEP (文春文庫)の作品紹介

社会からドロップアウトした5人のおたく青年と、コスプレ喫茶のアイドル。彼らが裏秋葉原で出会ったとき、インターネットに革命を起こすeビジネスが生まれた。そしてネットの覇権を握ろうとする悪の帝王に、おたくの誇りをかけた戦いを挑む!TVドラマ、映画の原作としても話題の長篇青春電脳小説。

アキハバラ@DEEP (文春文庫)の単行本

アキハバラ@DEEP (文春文庫)の文庫

アキハバラ@DEEP (文春文庫)のKindle版

ツイートする