君はどこにでも行ける

  • 680人登録
  • 3.79評価
    • (37)
    • (95)
    • (60)
    • (10)
    • (0)
  • 80レビュー
著者 : 堀江貴文
  • 徳間書店 (2016年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198641320

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
又吉 直樹
ロバート キヨサ...
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

君はどこにでも行けるの感想・レビュー・書評

  • 絶対に読んだほうが良い。
    以下、響いた箇所の備忘録(ネタバレ)。

    「グローバリズムは国境も不安も消していく」より

    P.209
    何度も言うけれど、彼らの感じているストレスのほとんどは、思いこみ。自分でつくった思いこみにとらわれ、行動を規制する壁を自分でつくりだし、「行き場がない」「先が見えない」と悩んでいる。

    P.210
     どれだけやっても、日本人の思いこみは強すぎで、絶対に変わらない。これが悲しいかな、現実だった。

    P.211
     国レベルの不安や民族の情緒的な動揺は、グローバリズムの到来によって次第に収まり、人々の不安も同時に、波が引くように静かに消えていく現象が、世界各地で起きている。

    「ハリウッド映画にナチュラルに登場する「サヨナラ」」より

    P.216
     そのうち短期滞在をふくめ、外国人が国内に2〜3000万人いる状態となる。国内の2割ぐらいの人が、日本人以外の国籍を持つ異邦人で占められる社会が、ほぼ確実にやってくる。そうなると移民解禁がどうのこうのという論争自体、無意味になる。
     国の方針が決まる以前に、日本人は外国人と一緒に暮らし、新しい文化を築いていかざるを得ない。「どこの街でも普通に外国人とすれ違う」「外国人が隣の部屋に住んでいる」「外国人と一緒に働いている」のが移民国家の景色だとするなら、日本は事実上、移民国家のスタートをきっているのだ。
     僕はそれを歓迎している。というか、はっきり「日本と海外の境はなくなる」流れになっているのだから、みんな適応しないとダメだよ、という気持ちだ。

    P.218
     「イヤなことを我慢して努力している」人が評価される時代は終わりだ。
     「好きなことをしている人がビジネスでも人生でも、いちばん強い」時代へ、日本も移行するだろう。いや、実はもとからそうなのだけど・・・・。

    「僕たちを不自由にする「国境」は頭のなかにある」より

    P.221
    君たちの国境は、頭のなかにある。

  • 途中堀江もんのただの旅行記みたいになっちゃってる部分はあるけど総じて読んでよかった。
    日本はもうアジアのなかでも胡坐かいてられるほど先進国でもお金持ちではなく、それを自覚しとかないと今後世界情勢に自分がついていけなくてってきついな、という気持ちにならされた。
    そして「おせっかいだ」と堀江さんが言われてしまうと書いてあったが、本当にいまどき珍しいおせっかいおじさんかもしれない。

  • 日本はアジアではNo.1だと思ってたのに、とっくに中国に抜かれてた中国やタイ人のほうがリッチだったりして
    東京は高くてアジア屈指の高級な街だと思っていたら近隣の富裕層から見たら5〜6万で高級和食が食べれるなんてリーズナブルって感覚らしい...
    テレビでは日本の技術はスゴイ!!日本サイコーって番組が多くてみんな安心してるけど本当は斜陽の国なんだよね
    もっと世界に目を向けて卑下するんじゃなくて日本の現在位置を見なおしてグローバルな視点で戦わなくなくちゃいかんと思う

  • 今の時代、別にどこに行く必要もない。だからこそどこにでも行けばいい。それにしても自分も日本をいくつか誤解してしまっているかもな

  • 日本とアジア、世界の関係、動向。
    C0095

  • 実際に海外に行って、見てみたくなった!
    日本を客観的に見ることって重要だけど難しい。
    いまのうちにアジアに行っておきたいな。

  • ストーリー
    『ゼロ』の次の一歩は世界だった。
    『君はどこにでも行ける』、略して「君どこ」ついに刊行。

    激変する世界、激安になる日本。
    出所から2年半、世界28カ国58都市を訪れて、ホリエモンが考えた仕事論、人生論、国家論。

    観光バスで銀座の街に乗り付け、〝爆買い〟する中国人観光客を横目で見た時、僕たちが感じる寂しさの正体は何だろう。アジア諸国の発展の中で、気づけば日本はいつの間にか「安い」国になってしまった。
    日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくべきか。刑務所出所後、世界中を巡りながら、改めて考える日本と日本人のこれから。

  • 堀江さんが見て来た世界を国別に紹介している。
    日本はやばいよ、というのは確かに仰る通り。
    海外に出ていくという選択をする人はどんどん海外に出て行ったら良いと思う。
    日本はそういう人間が増えたら良いと思う。

  • 読了。面白かった。ヤマザキマリのイラストで買った。世界のことがわかった。

  • ホリエモンがこんなに世界の色んな国を巡っているとは思わなかった。
    日本はサービスが世界的に見て安くなっている、そのため世界から観光客が押し寄せている、けれどそれは悲観すべきことではなく、外資のマネーを取り込んで成長していけると指摘するホリエモン。

    次のアジアで伸びる国は、やはりタイとインドネシアか。
    タイのバンコクの平均所得は、もはや日本の地方都市と同じか、それ以上という。

    君はどこにでも行ける、国境は頭の中で勝手に引かれるものだというメッセージに込められた意味をよく考えたい。

  • 世界の実情と、行動することの大事さを説いている本。この本を読んで、私の価値観と行動力は本当に変わりました。行動することは、大したことではない。こんな当たり前のことに気づくのに、随分時間がかかりました。

  • 今、世界から見た日本の立ち位置は、驚くほど変化している。
    この心地のいい日本で過ごしている僕たちは、過去の成功の余韻に浸り、事実を直視できないでいるのかもしれない。他のアジアの国々のスタンスを見据えた上で、これからを生きていくべき。ITがボーダレスの役割を大きく果たした恩恵を享受しない手はないし、苦しいことを我慢して成功するという体育会系日本型モデルは今は過ぎ去っている。
    いずれにせよ、過去と同じスタンスではなく、思い込みを捨てて、一歩を踏み出す
    。これからの行き方で最も問われることなのかもしれない。

  • かなり面白いと思った。

  • ホリエモンのグローバルな考え方や活動が広いことに驚いた。一方、日本を大事に思っているとも感じた。

  • 「どこにでもいける」は国内外問わず、自分の心の中に篭ってるも良し、外に行動・表現するも良し(というより国境という概念すら、自分の中にある概念と著者は言う)、と。確かに、ツールは整っているので、あとは自分にとって何が楽しいか、それを探求することが、濃い人生を送る鍵かもしれない。

  • 20161120 イヤなことを我慢して努力している人が評価される時代は終わり、好きなことを好きなだけやる生き方をしたほうが良い。

  • "僕はおせっかいだけど、基本的に、みんなと一緒に豊かで濃密な人生を体験したいと考えている。
    日本から出て行ってもいいし、出ていかなくてもいい。
    なんて明快で、頭のいい人なんだろう!宇宙事業に参加している。日本のGDPは世界27位。この順位は、これ以降下がることはあれ、数年で劇的に上がることはないだろう。気軽なノリで。" "国内のいいものと海外のいいものを同じぐらい手軽に取りに行ける。それがグローバル時代の旅の醍醐味だろう。
    自由競争の分野では、費やした時間に価値はあまりない。日本人はなぜかお金ばかりを惜しむ傾向がある。惜しむべきはお金ではない。時間だ。時間は命なのだ。
    彼らの感じているストレスはほとんどが思い込み。自分が作った思い込みにとらわれ、行動を規制する壁を自分で作りだし、「行き場がない」「先が見えない」とかってに悩んでいる。"

  • 本書全体から「思い込みにとらわれないこと」というメッセージが伝わってくる。思い込みが頭の中に国境を作り、自らを知らず知らずのうちに縛り付けている、という意味で、閉塞感を感じている読者にとっては特にアピールする内容かもしれない。所々に著者らしい極論が出てくるが、鋭い先見性を披露したり、逆境を前進の為のチャンスと説くなど、未来志向の強さを感じた。論旨としてグローバル化する世界が前提になっているのが特徴で、だけに、反グローバル指向ともいえるトランプ(本書でも言及がある)が大統領に当選した現在、続編として改めて著者の展望を是非読んでみたい。

  • 日本は安くなっている。海外からたくさん買って貰えばいいんだ!

  • 思考論の本というより、堀江さんが世界をどうみているかの事実書に近い。

    この本の伝えたいメッセージは"海外を知り海外から日本をしっかりと見つめよう"だと思った。
    つまり、今の時代の人は日本を客観視できている人が少ないということ

    本書の内容でも中国への考え方に触れられていて、日本と中国はどちらが裕福かと言われると日本である感覚があるが、平均的に見るともう日本よりも中国の方が豊かであると言える部分は多くある。
    そんな事実を知らないままで、世界規模のことを考えようとしてもスタートラインにすら立てていない。
    もっと多くのことを知るべき。
    そして、知るためには海外に出る必要があるかというと、そうではなく日本にいながらも十分に情報は得る事ができる。
    自分の頭にあるフィルターをとるだけで世界の見え方は変わる。

    今後の世界がどう動いていくのかを考えるあたってのわかりやすい解説書みたいな感じで読める

  • 28カ国58都市を訪れてホリエモンが考えた仕事論、人生論、国家論。(帯より)

    上司が貸してくれた本。
    彼曰く「2,3時間で読める」とのことでしたが、私的にはそれなりに読み応えあり、示唆的な部分も多くありました。

    以下、印象的だったところ。
    ・大相撲のウインブルドン現象。現代スポーツ成功の三要素<スター選手の存在・専用スタジアム・ITの活用>を兼ねそろえたほぼ完璧なビジネスモデル。(p.36)
    ・買いたい人がいて、いい値段をつけてくれれば、売る。これがビジネスの基本だ。むしろ「バイアウトされておめでとう!」というのが正しいはずだ。(p.45)
    ・今後、海外に出て行く人は”エリート層”に限られ、出て行かない人の代表は”マイルドヤンキー層”となっていくだろう。前者と後者の断絶は深い。(p.52)
    ・バングラデシュ、ムハマド・ユヌスのぐラミン銀行。システム自体は消費者金融と変わらない。(p.120)
    ・JKT48の仲川遥香(p.129)
    ・デンマーク、コペンハーゲンのアイアンマンレース(スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km)を14時間で完走したホリエモン(p.152)
    ・イスラエルは男女とも兵役が義務づけられている。(p.157)
    ・惜しむべきはお金ではない、時間だ。時間は命なのだ。(p.208)
    ・船曳建夫『「日本人論」再考』(p.211)
    ・君も好きにしたらいいのだ。(p.219)

    面白かったです。

  • 頭の中の国境を消す。そうすればどこにでも行ける。

  • この頃の堀江さんは、何を使用としているのか分かりにくい。 nomadてあることは良いと思いますが、模索中のように感じられます。

全80件中 1 - 25件を表示

君はどこにでも行けるを本棚に登録しているひと

君はどこにでも行けるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君はどこにでも行けるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君はどこにでも行けるを本棚に「積読」で登録しているひと

君はどこにでも行けるの作品紹介

観光バスで銀座の街に乗り付け、〝爆買い〟する中国人観光客を横目で見た時、僕たちが感じる寂しさの正体は何だろう。アジア諸国の発展の中で、気づけば日本はいつの間にか「安い」国になってしまった。日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪れて。改めて考える日本と日本人のこれから。装画はヤマザキマリ。特別章として堀江貴文×ヤマザキマリ対談も収録。

君はどこにでも行けるのKindle版

君はどこにでも行けるのAudible版

ツイートする