SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスク

  • 24人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小泉保彦
  • 金融財政事情研究会 (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784322104851

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 銀行システムを担当する事になったため、事前学習のために購入。早く読まないと。。。

  • 銀行系システム開発プロジェクトを担当する人に。
    プロジェクトメンバにも必ず読ませている本のひとつ。自分の担当ではない部分も理解して仕事に当たるかどうかで大きな差が出る。

全3件中 1 - 3件を表示

小泉保彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクはこんな本です

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクを本棚に「読みたい」で登録しているひと

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクを本棚に「積読」で登録しているひと

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクの作品紹介

システムエンジニア必読の書。銀行実務を理解するために必要な基礎知識をリスク管理の視点でわかりやすく解説。

SEのための金融入門―銀行業務の仕組みとリスクの単行本

ツイートする