三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)

  • 63人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (6)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 光文社 (2012年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334764784

三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秋を 題材にした 4つの 短編集。 三毛猫ホームズシリーズ、20年ぶりぐらいに 読みました。キャラクターが 当時のままで 懐かしかった~♪

  • 久々に読んだ三毛猫シリーズ。変わらないなぁ。

  • ショートでも内容たっぷりのミステリです

  • 三毛猫シリーズは全巻読んでいた気でいたが。。。
    本作品中、「沈没」を読んだことがなかった。。
    他の作品は以前に読んでいたので、懐かしいなーという感じで読んだ。
    三毛猫ホームズ、年月が経っても、古さを感じない。
    やっぱり面白いなー。

  • 配架場所 : 文庫
    請求記号 : BUN@913@A105@26
    Book ID : 80600044262

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002350322&CON_LNG=JPN&

  • 三毛猫ホームズシリーズ 47巻
    短篇集
    三毛猫ホームズの殺人展覧会
    三毛猫ホームズのびっくり箱
    三毛猫ホームズの幽霊船
    三毛猫ホームズの沈没

全6件中 1 - 6件を表示

赤川次郎の作品

三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)の作品紹介

その絵を見た片山はギョッとした。裸婦の胸にナイフが突き刺さり、乳房の谷間から流れる血が床へと広がる。まるで、殺人現場を描き写したようにリアルだったのだ。ある日、絵のモデルそっくりな女性が死体で発見される。片山たちが捜査を進めると、画家までもが殺され-。(「三毛猫ホームズの殺人展覧会」)芸術、紅葉、そしてミステリー!「秋の夜長」を楽しむ四編。

三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)はこんな本です

三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)のKindle版

三毛猫ホームズの秋 (光文社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする