経済を動かす単純な論理

  • 99人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (12)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 櫻川昌哉
  • 光文社 (2009年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975647

経済を動かす単純な論理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本当はそんなに単純じゃないけど、単純に書くとしたらこうだ!みたいな本

  • 本人が喋ってたけど、経済を動かす論理は、そんなに単純じゃないそうです。
    出版社の人に言われて、本を売るために、この題名にしたんだって。

    経済の本は、外国の本が特にそうだけど、「売るため」にこの題名にしました、みたいなのが多い。

  • 経済学の仕組みを理系なら理解しやすいはず

  • 昨今の金融システムを翻弄してきた証券化とバブルの本質を、複雑な数式を使わず平易な言葉で紹介。大数の法則、市場の効用・限界、情報の非対称性が故の銀行の存在意義、担保融資と経済成長、価格とExpectation、美人投票等、補助ロジックの選択が的確で自己理解の確認や知識の定着化に最適。デリバティブの失敗は情報の非対称性や原証券の債権管理責任を甘く見過ぎ、リスク分散可能と幻想したためという分析は共感。担保主義や消費性向と関連付けたバブルの安定という喩えやバブル総和一定、バブル代替(土地→国債)も直感に合致。ただ日本の金融は弱いという結論は残念。金融強化なくしてイノベーション立国は無いと思う。

  • バブルとはどのようなものか、リスクの分散の重要性とかが書いてあった。
    わかりやすく書いてあっても、難しい。
    株価とは今後の成長見込みだったんですね。
    どういう仕組みで株価が変わるのかが、わからないが、わかってきた、気がする。

  • マクロ経済学の本ですが「複雑そうに見える物事の本質は単純である」とあとがきにあるように専門用語はほとんどなく読みやすいと思います

    気になる小さな点としてP.50の
    「例えば1000万円の預金を複利で1%の金利で5年間回していくと、約1050万円です。
    一方、同じ1000万円を3%複利で回せば、約1150万円です。
    金利の違いで車1台買えることになります。」
    車1台は変わらないけれど複利ならば1%で1051万円。3%で1159万円でしょう?これでは単利です

    面白い点としては「資産価値の決まり方」での株価の簡単な計算式

    今期の株価=配当/国債利回り

    これはかなりザックリとしているが興味深い
    理論株価の計算式は決算書の数字から求めるものばかりだけど債券の利回りをここでは用いている
    もちろん万能ではないと思う・・・高配当銘柄なら株価が高く内部留保する成長株銘柄だと株価が評価できない

    応用としては

    (一株当たり当期利益×市場平均配当性向)/国債利回り

    更に応用としては

    (一株当たり営業利益×税率0.6×市場平均配当性向)/国債利回り

    こんな感じでも妥当な株価が出るかも知れません
    個別株投資に興味あるひとは一度計算してみて使えそうかどうか教えて欲しいところです
    この本では「収益還元価格」または「ファンダメンタルズ価格」と呼ばれます。

    基本的には「リスク」と「バブル」についての内容ですが一読の価値は十分にある良書です

  • バブルというものがわかりやすく書いてある。題名にセンスはないが内容は濃い。教授の授業とる時はあとがきも読んだ方がいい。

  • 経済はリスク分散とバブルで構成されているということが良くわかった。わかりやすいが、少し難しい

  • 学生時代、桜川先生の授業を採った人間なのであまり言いたくないが・・・この微妙っす、先生。 経済学アレルギーを起こさない様に、丁寧に丁寧に書かれた、高校生向けの啓蒙書って感じ。(そう考えれば、★3つは付けられるのだが)

  • キーワード:「バブル」「リスク」

    証券化によってリスク分散はされたが、その回収を誰がするべきなのかが問題になる。また、日本経済が土地バブル→国債バブルに移行した歴史の経緯が分かりやすくて、なるほどと思った。

全17件中 1 - 10件を表示

櫻川昌哉の作品

経済を動かす単純な論理を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

経済を動かす単純な論理を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

経済を動かす単純な論理を本棚に「積読」で登録しているひと

経済を動かす単純な論理の作品紹介

世界経済の動きをとらえることは、難しいことではない。本書にある、2つの「単純な論理」を理解すれば、一見複雑そうにみえる経済の本質が明快になり、自分の頭で思考し、判断できるようになってくる。

経済を動かす単純な論理はこんな本です

経済を動かす単純な論理のKindle版

ツイートする