結婚貧乏

  • 64人登録
  • 2.82評価
    • (0)
    • (4)
    • (22)
    • (6)
    • (2)
  • 12レビュー
  • 幻冬舎 (2003年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344003675

結婚貧乏の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女性作家8人によるアンソロジー。
    結婚して貧乏になった・・・
    それはお金だけの問題ではない。
    心が貧しくなったり、夫の性が貧しいと感じたり。
    1話から7話まではどれも★★★だったが、最後の「ぼくの秘めやかな年上の恋人」はイマイチ。★★だ。

  • ひとそれぞれの「結婚」。
    結婚にとらわれ、心が貧乏になる話。
    結婚したくなくなる。
    ハッピーエンドは三浦しをんさんの「森を歩く」だけ。

  • 簡単にサラっと読めた。
    けど、いいなと思ったのは三浦しをんさんの『森を歩く』ぐらいかな。

  • ふ〜ん 結婚って人それぞれだけど、いたい話ばかりでちょっとめげるね…

  • 平安寿子「ロマンスの梯子」、宇佐美游「玉の輿貧乏」、春口裕子「オーダーメイドウェディング」、三浦しをん「森を歩く」、内藤みか「シンデレラのディナー」、真野朋子「次はあなたの番ね」、森福都「グッドマリアージュ」、松本侑子「僕の秘めやかな年上の恋人」

  • 結婚したくなくなるなぁ

  • ちょっと結婚したくなくなる(笑)

  • 結婚前に読むにはなかなか楽しかった。

  • 皆必死で読んでいて辛いなぁ。
    一応独身なのでもう少し結婚に希望が持てる内容の本を読めば良かったかも。

  • 結婚にまつわる女性視点のアンソロジー。3年前に刊行されているのだけれど、どうにもモチーフや登場人物が古臭い気がする。結婚というと、女の見栄だとか、虚飾だとか、過剰な憧れだとか、所帯くささに対する不満だとか、そういうものしかテーマになりえないんだろうか??

全12件中 1 - 10件を表示

平安寿子の作品

結婚貧乏を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

結婚貧乏を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

結婚貧乏を本棚に「積読」で登録しているひと

結婚貧乏はこんな本です

結婚貧乏の文庫

ツイートする