CGH! (5) (Feelコミックス)

  • 66人登録
  • 3.96評価
    • (11)
    • (4)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 小池田マヤ
  • 祥伝社 (2008年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396764470

CGH! (5) (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 入社したサボテン屋で、複雑な生い立ちを背負ったセレブ一家と関わることになった新卒女の子とのお話。

    狂言回しは普通の女の子だが、物語の中心は、病弱死にかけだが男らしく屈強に鍛えた才媛の令嬢。そのご学友として育てられた多肉植物フェチの婿になった養子と、その夫婦の養子、育ての親である家政婦さんあたりがメイン。
    死を宣告されながら生き続けている特別な女と、彼女の周りにいること、また、過去の事件で死を身近に感じなければならない人たちの心境が、セレブらしい奇矯な行動の裏にちゃんと見えて、物語的に悪くない厚みが感じられる。
    こういう生まれのヒトがこういう背景を持つと、こういう生き方になるのかもしれないなあ、という感覚で。
    それに一般人が関わると、関われた事自体に感謝して、出来ることをやろうと思えるというのも、わかるし。
    無茶なことをやっているうえで、その無茶が納得出来るというのは読者として良い感覚ですよ。
    金持ちで有能な人物が何人も出てくるが、それがちゃんと有能らしく書かれているところも、また良かったです。

  • マキオの子どもを産む決意をし、クロスと付き合うことになったヒナコ。
    周囲の暗黙の了解のもと、着々と「代理母出産」の準備を進めるが…。
    ヒナコ、マキオ、クロスの奇妙な三角関係がようやく終わりを告げる最終巻。

    死なんのんかい!!
    ……いやいいけどね!? いいけどね!?
    絶対約束守ると思ったから、意外な結末でした。
    でも生きててくれて良かったとも思う。じゃないと、マキオが遺したものが守れないから。
    ヒナコの役割はマキオが居なくなった後にあったんですねーと最後に納得。
    クロスさんが幸せになってくれるなら、それでいいです。

  • すっごく切なくて、すっごく優しいお話でした。

    多分、そんな風に思ってはいけないんでしょうが、飛行機、落ちてほしかった……と私も思ってしまいました。
    最後の場面でクロスは泣いています。

    けれど。
    それでも人は生きる。生き続けるのでしょう。

    月下美人、あれはマキオさんの子どもなのかもしれませんね。
    ヒナちゃんとの間の子は「永遠(とわ)」ちゃん、なんですね。
    あの子は……。
    と、考えるのは野暮なことなのでしょうね、きっと。


    大好きなお話なんですけど、あまりにも切な過ぎて。
    切な過ぎて、苦しすぎて、もしかすると、もう開けないかも知れない。
    でも、大好きで、大好きで、大切なお話です。

  • 帯とカバーの色使いがこの巻を物語っているようです。
    確かに驚愕の結末でした。
    最後に小池田先生のコメントがあって載せたかった内容が載せられなかったみたいなのですが、
    読者側からしても非常に気になる内容でした。
    気になる。

全6件中 1 - 6件を表示

小池田マヤの作品

CGH! (5) (Feelコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

CGH! (5) (Feelコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

CGH! (5) (Feelコミックス)はこんなマンガです

CGH! (5) (Feelコミックス)のKindle版

ツイートする