キャラメル・ハードボイルド (ディアプラス コミックス)

  • 165人登録
  • 3.58評価
    • (26)
    • (13)
    • (64)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 南野ましろ
  • 新書館 (2004年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403660917

キャラメル・ハードボイルド (ディアプラス コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズ?の出てくるカップルはエッチシーンがない代わりに普段から膝の上に乗ってエロい会話でラブラブしてるので、今回はツンデレでそれがない分割りとストレートなエッチ表現だったな

  • 高鳥コーポレーション、次なるホモの話。
    ふたりともヤンキーの両親の元に育ってるっていう設定ははたして必要だったのかよくわからないくらい後半特に活かされてなかった気がする(笑)もものーさんずっと制服きてるし!
    あいはさんがやっぱりかわいい。

  • 個人的に一番ツボなんだ。もものーが。

  • シリーズ?第8弾

  • 感想編集中

  • ましろさんはイラストが可愛い。話も好き。

  • BL

  • ヤンキーの両親にヤンキーとして育てられた真っ当な男、冴木(ヤンキーにしか見えないように育ててくれた親の愛のせいで絶好調失業中)は、飢餓のあまり道に落ちていたところを、桃生春威に拾われる。
    そのまま、おつかい専門要因として あ の 高鳥コーポレーションに雇われた冴木の、春威への猛烈アタック開始!

    『マーブルベリー・ビーンズ』の前と後にまたがるお話です。
    なんでまたがっちゃったかは春威さんに聞いてください。
    とにかく南野節マックス。
    ぎりぎりノリについていけるかなレベルの形而上的会話が繰り広げます(うそうそ)。
    春威さんの、虐待された野良猫並み(ただし扱いは高級飼い猫)の俺様な警戒(というかなんというか)がかわいくってかわいくってしかたありません。
    前回ボケ倒しだった藍羽ちゃんの、ボケ倒しのままツッコミに回された感がある合いの手も最高。

    ほんわかさせてくれる中に、春威のしっかり筋を通すとことか、冴木の図太い部分とかが垣間見える瞬間がまたいいんだよね。
    「えーと 舎弟コレクション?」
    以降の春威の台詞はかなりかわいいです。
    ああ、あんた日本語通じたんだねっ!

  • 前作、「マーブルベリー・ビーンズ」がよっくわからん話だったのに比べ、まだこっちは読めた。
    何冊か前から、脇だったキャラが主人公になって一冊にまとまる。
    この話も、チラッと出てきた脇キャラだったのがいきなり主役になっていた。
    となると、どうしても出てくるキャラのほとんどが男男カップルってことになるわな。ま、そんなのよく在る話なんで触れないでおこう。
    さて。私は南野さん好きだから「読めた」だけで、これ一冊初めて買って読んだとなると「わけわからん」独特な世界が広がっている。
    よい(好きな)点としては、巷にあふれるBLの中では本当に少ないえっち描写なんだけれど、吐くセリフやシチュエーションがいやらしくてそんだけでも満足してしまう。
    むしろそうだから好き。
    でもちょっとこの本、いつものまして画面シロすぎ。

全10件中 1 - 10件を表示

南野ましろの作品

キャラメル・ハードボイルド (ディアプラス コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

キャラメル・ハードボイルド (ディアプラス コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キャラメル・ハードボイルド (ディアプラス コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

キャラメル・ハードボイルド (ディアプラス コミックス)はこんなマンガです

キャラメル・ハードボイルド (ディアプラス コミックス)のKindle版

ツイートする