十津川警部 北陸新幹線殺人事件 (ジョイ・ノベルス)

  • 15人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 実業之日本社 (2016年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408505497

十津川警部 北陸新幹線殺人事件 (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 十津川刑事なんてっと、人にもらったので読みだしただけなんだけど、意外に読ませた。
    西村京太郎さんの本は、ミステリー愛好家ではないので、初めてだったんだけど見た最初の印象は、字がでかい!改行が多い!本の冊数を稼ぐためか?と意地悪に思ってしまったわけだが、戦争を巡る話であり、結構奥深かった。

    でも、戦争を生き抜いた世代を話に出すために、年齢設定がかなり無理をしてる感がある。それだけ戦争が過去のものとなり忘れられてきており、だからこそ世界でも戦争が起きており、確かに語りつがねばいけないことだと再認識させてくれた。

  • 戦後70年シリーズ フィリピンとの関係

全2件中 1 - 2件を表示

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西村 京太郎
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

十津川警部 北陸新幹線殺人事件 (ジョイ・ノベルス)の作品紹介

鉄道雑誌の記者・伊東雅人は北陸新幹線開業日の一番列車を取材するため徹夜をしてグリーン車の切符を購入する。しかし、見知らぬ男から話を持ちかけられ、同じ列車のグランクラスの切符と交換することに。当日、取材を終えた伊東に、自分が乗るはずだったグリーン車内で殺人事件が発生したというニュースが飛び込む。その後、伊東の周りで不審な事件が続き、十津川警部も捜査に乗り出すが…。

十津川警部 北陸新幹線殺人事件 (ジョイ・ノベルス)のKindle版

ツイートする