パーソナリティ分析[恋愛編] (青春新書INTELLIGENCE)

  • 28人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 岡田尊司
  • 青春出版社 (2009年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413042598

パーソナリティ分析[恋愛編] (青春新書INTELLIGENCE)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の恋愛パターンをあらためて見つめなおすことができた。
    境界性も強かったけど、演技性が強かったのにびっくり。でも、内容読んでみたら納得。
    演技性、境界性、依存性の順で傾向強かったけど、根本にある問題がもうはっきりしてるから、すっと落ちた。

  • [ 内容 ]
    パーソナリティ分析とは、パーソナリティ理論に基づいた心理行動分析の手法である。
    パーソナリティのタイプによって、その人の恋愛の傾向やパターンがわかるだけでなく、二人のタイプの組み合わせによって、どういう結果を招きやすいかを高い確度で予測できる。
    どのように恋愛すればいいかわからない人も、パートナーと別れるべきか悩んでいる人も、本書によって、客観的な指針となる一つの答えが見えてくるはずだ。

    [ 目次 ]
    第1編 パーソナリティ分析で何がわかるのか?(恋愛は危険が一杯―失敗しないために何が必要か;第2章 パーソナリティの“偏り”と“組み合わせ”が恋愛の「運命」を左右する)
    第2編 パーソナリティ恋愛分析(どうせ無理だと諦める回避性タイプ;相手に合わせて尽くしてしまう依存性タイプ;義務と責任に縛られる強迫性タイプ;自分が主役でないと面白くない自己愛性タイプ;危険なスリルを求める反社会性タイプ;確かな愛が感じられない境界性タイプ;魔性の魅力で誘惑する演技性タイプ;自分の世界に熱中するアスペルガータイプ;誰も信じられない妄想性タイプ)
    おわりに―自分のパーソナリティにふさわしい恋愛こそ最高の恋愛

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

岡田尊司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パーソナリティ分析[恋愛編] (青春新書INTELLIGENCE)の作品紹介

パーソナリティ分析とは、パーソナリティ理論に基づいた心理行動分析の手法である。パーソナリティのタイプによって、その人の恋愛の傾向やパターンがわかるだけでなく、二人のタイプの組み合わせによって、どういう結果を招きやすいかを高い確度で予測できる。どのように恋愛すればいいかわからない人も、パートナーと別れるべきか悩んでいる人も、本書によって、客観的な指針となる一つの答えが見えてくるはずだ。

パーソナリティ分析[恋愛編] (青春新書INTELLIGENCE)はこんな本です

ツイートする