結局、「決められる人」がすべてを動かせる

  • 56人登録
  • 3.23評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 藤由達藏
  • 青春出版社 (2016年12月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413230254

結局、「決められる人」がすべてを動かせるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10秒以内に何でも決める
    即断即決
    決断に時間をかけても意味はない

  • 決断の早さの大切さ。やらないことを決めることも決めること。

  • ・決めると 、行動が生まれる 。仕事のスピ ードは決めるスピ ードに比例するのです 。
    ・決めて 、必ず行動するということを繰り返していくと 、 「自分は決めたら行動する 」という認識が強化されます 。
    ・とにかく 、決断自体も小さく 、行動も小さくして 、くしゃみひとつする間にできるような小ささにしてしまえば 、先延ばしをする意味もなくなり 、すぐやれてしまうでしょう 。

  • 【No.99】「決めれば、すべてが動き出す。決めるスピードが速ければ速いほどチャンスが得られる」「アイデアや浮かんだ思考は、今その瞬間がもっとも重要。使うか使わないかを瞬間瞬間で判断し、使うと決めればすぐに行動する」「自らが意思決定をし、その責任を引き受けるということを、日々意識していくことが大切」「決断の場数をこなしてきた方には、”胆力”が生まれる。キモが据わっているということ」

  • 理解はしているつもりだけれども、なかなかできないところを突いてくる本w

  • 前作が売れているようなので、新刊を購入。

    一通り目を通してみたものの、内容としては類書の寄せ集めのようなもので、対した知見は得られなかった。

  • 即決断し、行動につなげるための方法論。
    決断しない・できないことでどれだけの機会損失があるか、直感ー理論ー直感で判断すること、行動しないという判断も決断の一つなど、なるほどと学ぶべきことは多く、具体的な方法論も示されているが、分かってはいても簡単には決断できない・したくない心理があるようで、自分には即効は期待できないと感じた。
    17-22

  • 20170129 決めて行動する。そのセットでないと意味が無い。自分に足りないのはゴール設定と行動に移す事。考えてみれば一番大切な部分が足りなかったという事。この先の十年は不足を、補ってゴールを目指そうと思う。

  • 行動力が高まり
    実際に行動をお越し
    現実に変化がおこりました!

    素晴らしい本です!

全9件中 1 - 9件を表示

藤由達藏の作品

結局、「決められる人」がすべてを動かせるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

結局、「決められる人」がすべてを動かせるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

結局、「決められる人」がすべてを動かせるを本棚に「積読」で登録しているひと

結局、「決められる人」がすべてを動かせるの作品紹介

ベストセラー『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』の著者の最新刊は「決断力」。これが身につくと、人生は劇的に変わります。「やろうかな」と思ってもできない、踏み出せない…と行動や意思決定ができなく、もんもんとしていませんか。これまで、どんな人生を歩んできたとしても、能力も才能も関係なく、「決める」ことからすべては始まります!

結局、「決められる人」がすべてを動かせるはこんな本です

結局、「決められる人」がすべてを動かせるのKindle版

ツイートする