寄生虫ビジュアル図鑑: 危険度・症状で知る人に寄生する生物

  • 21人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 濱田 篤郎 
  • 誠文堂新光社 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784416714522

寄生虫ビジュアル図鑑: 危険度・症状で知る人に寄生する生物の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年6月新着

  • 大きなカラー写真で、意外に身近な寄生虫を紹介。
    危険度・症状ももちろん載っていて、怖さが増す。

全2件中 1 - 2件を表示

寄生虫ビジュアル図鑑: 危険度・症状で知る人に寄生する生物の作品紹介

戦後から現在にかけて衛生環境の整備が進んだため、寄生虫による被害が減り、駆除に成功したかにみえていますが、実は寄生虫に感染する人が増えています。
それは、
・交通網の発達やグローバル化によって、衛生環境が整っていない国やかつては行くことができなかった国への海外旅行者が増えたこと
・物流網が発達したことによって、魚介類の生食ブームが起き、サバやサンマ、イカといった寄生虫がつきやすいものを生で食べる機会が増えたこと
などが原因だとも言われています。
そうした中、本書は、それらの寄生虫感染に対する知識を身につけられるように、人に寄生する生物を症状や危険度別に分け、その感染経路などもわかりやすく紹介しています。
また、顕微鏡などで撮影した写真などで、その奇妙な姿に迫ります。

寄生虫ビジュアル図鑑: 危険度・症状で知る人に寄生する生物はこんな本です

ツイートする