一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密

  • 186人登録
  • 3.67評価
    • (15)
    • (14)
    • (20)
    • (5)
    • (1)
  • 21レビュー
著者 : 前田出
  • ダイヤモンド社 (2008年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478006221

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プラットフォーム戦略。
    デジタルではない世界で、社団法人・財団法人を活用してプラットフォームを作る戦略の解説。

  • ・教育事業の基本は、先生を作り、先生を輝かせること。
    ・先生が地方の媒体に取り上げられやすいよう、
     先生をブランド化する戦略を練る。
    ・インストラクター事業を作る6つのステップ:
    1)器を作る
     2)冠を作る
     3)標準化する
     4)検証する
     5)結果を出す
     6)コミュニティを作る
    ・地方に事業を根付かせたいなら、地元企業と組む。
     選定基準は、受講対象となるお客をもっているかどうか。
    ・インストラクター事業は、先生という
     ビジネスパートナーをつくるビジネス

  • 先生をたくさん育てる。

    そのコンセプトがおもしろいと思います。
    「新・家元制度」



    社会に与える影響力を考えるとき、
    生徒を増やすのではなく、先生を増やす。

    質の高い先生が増えれば、
    先生同士のコミュニティも生まれて、
    そこで学んだ生徒も増えて、
    その業界の質を高めたり、新たなサービスを創出したりできます。

    そのための流れとして、

    器をつくる

    冠をつくる

    標準化する

    検証する

    結果を出す

    コミュニティをつくる

    という順で説明しています。



    コミュニティづくりで興味深いのは、
    器をつくる部分や冠をつくる部分の事例でしょうか。

    いかに、お墨付きを得るか、信頼を得るか、集客できる仕組みをつくるかということで、
    デパートと組んだり大学の先生と組んだり、財団法人と組んだり。

    そのスケール感と発想の自由さだけでも、
    なるほどねぇ、と思わされます。

    もう少し丁寧に一連の流れを書いていただけるとありがたいのですが、
    発想だけでも学ぶ価値があるのではないでしょうか。

    “明確なビジョンを持たず、お金を儲けるためだけにこの事業をはじめても、創業メンバーとなるいい理事も、いい先生も、いい生徒も集まってはきません。当たり前のことですが、志の低い組織には志の低い人、設けたい人しか集まらないのです。”

  • 先生を柱とした教育ビジネスモデルについて詳しく説明した本。

  • チェック項目18箇所。本書を「儲かるから」という理由で、手に取らないでください、ぜひ「利益の先に、何があるか」を感じてください、そして、事業を通して成し遂げられる、社会貢献の具体的ビジョンが見えている方・見ようとされる方のみ、本書をご活用いただくようにお願いします。本書で共有しているのは、「ごっこ」ではなく、極めて社会貢献性の高い事業モデルを築くための情報です、本モデルは、直感的に理解できるモデルでないにもかかわらず、実践率が高くなっています。「ただ習いたいだけ」の「生徒」は募集せず、自分の好きなことを学んで先生になろう、好きなことを仕事にして収入を得ようという目的意識を持っている人だけを募集します、先生1人ひとりが私たちの事業の販売代理店・広告拠点(=教室)として活躍してくれるのです。「第1回世界押し花デザイン’97」は1日目よりも2日目、3日目に来場者が増えましたが、これは来場したお客様が「すごくよかった」という情報を周囲の人に伝えてくれたからです。押し花のように、まだ誰も押し花を知らない時期(導入期)に参入するなら、誰か1人にスポットを当ててその人を光らせるほど押し花がアピールできます。アートの領域に持っていくためにいろいろと仕掛けるときにも、作品よりも人にスポットライトを当てたほうが絶対にやりやすいのです。フラットなインストラクター制度をつくるにしても、新・家元制度をつくるにしても、「生徒」はつくらず「先生」をつくること、「先生」たちにノウハウを最初に習得してもらい、そこから一気に広げていくことがポイントになります。実際、1000万円以上の年商をあげられる先生は本当に一握りで、全体の1%いるかどうかです、ほとんどの人は1ヵ月に数万円程度の収入です、お金以外の報酬で満足度を高める仕組みをつくることを優先すべきです。私は先生たちに「先生になったら名刺を持ちましょう」と勧めていますが、名刺を持つことこそ自分の対外的なポジションを確立する第一歩ですし、先生のなかにも先生になったという意識が芽生える効果があるからです。先生の仕事はもちろん教えることですが、同じ内容を教えることができても、ただ教えているだけの先生には生徒さんが集まりません、先生がどんなに高度なテクニックを持っていても、教えてもらう時間が楽しくなければ、生徒さんはその教室に満足しないからです。マスメディアのなかでも何百万人が見ているテレビでの告知効果は別物です、特にテレビニュースによる告知効果は絶大で、取りあげられた当日と翌日くらいは来場者数が爆発的に増加し、それだけで会期中の来場者全体の30%を動員してしまう場合もあります、ですから、テレビニュースに取りあげられる仕掛けをつくることは大切です。テレビ局の取材はとても気まぐれですから、テレビでの告知による動員効果はなかなか予測しにくいのが現実です、基本的にはテレビによる動員はゼロと考え、テレビニュースに取りあげられて動員が増えたときには運がよかったと喜ぶくらいがよいでしょう。地域で一番という賞を受賞することで、教室の生徒さんやカルチャー教室に対して、「私はこの地域でNo.1の先生です」とアピールできます、それが先生のポジションづくりになるのです。安いギャラで、200人を集められるタレントさんはなかなかいませんが、20人の先生が4~6人の友人や生徒を連れてきて200人を集めるのはそれほど難しいことではないのです、これが同伴力のパワーです。男性にとって大切なのは、習う過程を楽しむことではなく、習うことで目的を達成すること、結果を得ることなのです。「理念」と「目的」を明確に持ってください、「器をつくる」→「冠をつくる」→「標準化する」→「検証する」→「結果を出す」→「コミュニティをつくる」を自分の業態に当てはめて、事業計画をつくってから参入してください、自分の力で変革を生もうとする志を同じく持つビジネスパーソンや起業家たちがこのインストラクター事業へ参入し、新たな息吹を日本に、業界に吹き込むことを祈念します。地域で一番になるのは簡単です、多くの同業者がもうあきらめているからです、地域で一番になるのは簡単です、地元の新聞社は、よいニュース、がんばる人を探しています、地域で一番になるのは簡単です、あなたは、この本でインストラクター事業の本随を感じ取りました。

  • 小坂部長から借りれる

  • ○インストラクター事業の始まりは「家元制度」を壊して「新・家元制度」を築くこと
    ・「家元制度」10階級以上あり、上に到達するまでが困難。
    ・「新・家元制度」階級は多くても3段階くらいまで。一番上の階級の人を早めに作って下位の階級の人を作っていく。
    ⇒「生徒」はつくらず「先生」を作ること!

    ○「先生」に対する6つの報酬
    1.お金・・・指導料+教材販売で稼ぐ仕組みを構築。
    2・ポジション・・・「○○先生」と呼ばれる喜び。「○○さんの奥さん」からの脱却。
    3.やりがい・・・「ありがとう」と言われる仕事。
    4.スキルアップ・・・楽しみながら技術向上⇒できることが増えていく・・・のサイクル
    5.仲間・・・居心地のいい空間、自分の好きなことを共有
    6.人間性・・・生徒を増やすためには技術だけではなく人間性が必要⇒磨かれる。

    ○頂上を高くし、裾野を広くする
    「80対20の法則」・・・100人の「先生」のうち行動を起こすのは20人程度
    ⇒行動する20人の地位を高める工夫が必要
    ⇒この20人について、「先生として教える」以外に「商品を販売する」「アーティストになる」という選択肢をつくる⇒ステップアップの方向性を複数つくり、タイプが異なっている人もフォローする。

    ○新・家元制度のピラミッドの頂点を高める方法
    ・百貨店の催事場で展示会を開催
     百貨店が展示会に求めているもの・・・イベントによる来場者数の増加。シャワー効果(最上階のイベント会場から下に降りて行って購買)。
     百貨店による宣伝・・・各百貨店の顧客(20万人程度)に無料(百貨店の費用)でイベントの宣伝
     百貨店のDMでイベントを認知した顧客と百貨店に来店して認知した顧客で来場者のうち50~70%を占める。
     マスコミの効果・・・なかなか実際の動員につながらない⇒優先順位は低い。ただし、テレビ取材などで認知度が一気に高まることがある。
     先生たちの集客能力・・・「先生」の生徒が来場(全体の30%程度)
     ⇒滞留時間が長い顧客に⇒飲食店の売り上げにつながり、百貨店側にメリット
     動員力を決定づける7つの要因
    ①告知力・・・何人に広告宣伝できるか?
    ②認知力・・・何人が媒体の告知を認知できるか?
    ③反応率・・・認知した人のうち、何人が行ってみたいと反応するか?
    ④来場率・・・行ってみようと思った人のうち、何人が実際に行くか?
    ⑤同伴率・・・来場する際に何人の友人を連れて行くか?(招待券を何枚かつければ向上)
    ⑥滞留時間・・・来場したときに百貨店に滞留する時間。
    ⑦リピート率・・・一度来場した人が繰り返し展示会に来場するか?
     ⇒②認知力と③反応率と⑤同伴率が重要!⇒向上させる工夫が必要
    ⇒告知力が大きくとも、認知されなければ意味がない⇒インストラクター事業が優位
    百貨店にとってのメリット(百貨店向けのセールストーク)
    ①イベント会場での売上・・・ショバ代
    ②百貨店全体での売上・・・可処分所得の大きな層が普段よりもテンションの上がった状態で購買
    イベント開催の主催者側のメリット
    先生のブランド化・・・開催・展示実績を作る。
    新規受講生の獲得・・・展示会や体験会の相乗効果で意欲向上。
    官公庁、業界メーカーへのプレゼンテーション・・・動員力をアピールできる。

    ・「先生」のブランド化への4つの証明証
     ①賞状
     ②受賞作品を百貨店で展示
     ③受賞作品のキットを百貨店で販売
     ④受賞作品の作品集をつくる

    ・美術館で販売
     実績がステータスに
     公共団体と提携して賞を設定する

    ○一挙にお客を集める7つの法則
    ①ブランド力
    ・器(組織)に冠をつける・・・社団、財団などの公的な団体からの認定や監修をもらうこと(できなければ教授や教育関係者などを巻き込むこと)⇒資格を取った先生のバックボーンになる。
     また、官公庁や自治体から賞をもらい、コンクールの冠に
    ・先生に冠をつける・・・「○○奨励賞」「受賞作品を展示会へ」「受賞作品を作品集や雑誌に掲載」「受賞した先生を雑誌に掲載」⇒「○○さんの奥さん」から「○○先生」へ
    生徒としての「先生への憧れ」から先生として「目指すライバル」へ
    ②口コミ力・・・女性の習性「群れる・語る・誘う」を利用
    ③継続力・・・6つの報酬体系で会員が継続する仕組みをつくる。先生の満足度向上が他の要素にもつながる。
    ④同伴力・・・1人のスターよりも100人の先生⇒一人ひとりを主役にすることで同伴力とリピート力が向上(家族、友人、生徒を動員)
    ⑤購入力・・・先生になるような人は可処分所得の大きい家庭の主婦が多い。⇒百貨店からしても魅力的(アピールポイントになる)
    ⑥アート力・・・主婦の持つアート力は中々のものになり得る(らしい)⇒アートの自覚を養成すること
    ⑦行動力・・・研修旅行等の名目があれば容易に企画できる。地方自治体のコンベンションに2,000人動員することも可能。(和歌山のジャパンエキスポ)
     ・男性には7つの法則が当てはまらない理由・・・「口コミが起こらない」「友達を作らない」「自由になるお金がない」

    ○適用事例・・・「どんなビジネス」でも「どんな成長カーブの位置」でもOK
    ・自然暮らし検定講座
    ・ビーズ、押し花の講座
    ・純銀アートのインストラクター講座⇒アートクレイシルバー市場で三菱マテリアルに勝利

    ○検定はNO!認定はOK
    ・検定事業が失敗する理由
    1.定期的に行い、毎回人を集めなければならない⇒話題性があるのは初回のみ。
    2.最初から市販できるテキストを用意する必要がある。
     ⇒最初に教科書をつくるコストがかかり、継続するにも広告費用がかかる⇒中小企業にはムリ!
    ・「認定=インストラクター事業」ならハードルは低い
     先生を育てる段階では標準化したテキストがなくても大丈夫+先生が人を集めるから広告費用も低い
    ⇒ただし、全国展開を視野に入れるなら早めにカリキュラムの標準化、体系が必要となる。
    ・認定+検定⇒最初は認定で「先生」をつくり、検定で認知度をアップしていく。
     ⇒「先生」が各地でピラミッドをつくり、検定受験者を確保する。

    ○新・家元制度を整備する
    1.器をつくる⇒一般社団法人、一般財団法人の設立
     ・協会や検定・認定システムをつくる。
    2.冠をつくる
     ・組織に冠をつくる⇒協会に有名人を取り込む(理事の一員、監修など)
     ・先生に冠をつくる⇒イベント(百貨店、美術館)、コンクール、出版
    3.標準化する
     ・教科書をつくる
     ・コンテンツからカリキュラムへ⇒作業分析をして落とし込む。
     ・標準教材をつくる
     ・先生をつくる⇒指導マニュアルの整備
     ・全国組織をつくる⇒支部の設立
    4.検証する
     ・検定試験を行う⇒ネット検定、学校・企業で検定
     ・実力を数値化する。
    5.結果を出す
     ・6つの報酬(お金、ポジション、やりがい、スキルアップ、仲間、人間性)
     ・業界での仕事をつくる、社会的意義をつくる。
    6.コミュニティを作る
     ・先生をビジネスパートナーにする。
     ・先生に特典を与える(会員だけの特別講座、教材販売)
     ・支部組織を充実させる。
     ・バーチャルコミュニティを利用(SNS、ブログ、メルマガ)
     ・集い・・・イベント、コンクール、セミナー、教室、展示会、飲み会・食事会、ツアー

  • 器と冠をつくり、インストラクターを大量につくることにより、顧客獲得をつくるビジネスモデルの紹介。
    認定とか、検定とか、できるだけ受けたくない私には、ヒットしなかったが、確かにお墨付きが好きな人もいるわけで、そういう人にはいいのかもしれない。
    成功モデルとしては、押し花ビジネスとか、純銀アートとかが紹介されていました。
    特に口コミ力の高い女性で成功しやすいとか。私の脳は、男性に近いのかも。

  • 新・家元制度=認定制度、インストラクター事業を作って顧客を獲得、先生を作る事で業界No1になるビジネスモデルとは。

    一読してうなってしまいました。確かに、今そういうビジネスモデルでにぎわってるところって結構あるわ。。女子界で。(そしてこれが女性特有のモデルという事も書かれていて、それにも深く納得)
    うーん、そういう方法があるかー、なるほど。。。。

    こちらの著者の前田出さん、そういえばどこかでみた。。。。と思ったら今度あるセミナーの講師だった→コロネットの社長、あ、あれかー!です。
    実は私、このコロネット(楽習フォーラム)の講座を受講中。まだ終わっておらずーで、修了できるかどうか微妙なのですが(汗)

    これ、受講する時に怪しい。。。IT苦手そうな会社。。。。見本がへったくそ。。。などなど色々思っていたのですが、そうかーこれってこのビジネスモデルの横展開だったのねぇ。
    成功しそうにないなーなんて思ってたのですが、元祖のモデルは上手くいってるんだそう。その元祖講座はだっさー!!(失礼)と思っていたのですが、そうなのか成功してるのか。

    まあそれはおいておいて、確かにこれは色んな業界に展開できるモデルかもしれないなーと感心してしまった。何か展開できるかなあ。。。ちょっと考えてみよう。
    色々と示唆がある本でした。

  • ビジネスプランにと、知人に紹介してもらったことがこの本との出会いのきっかけだったが、実は以前読んだビジネス誌に掲載されていて、興味関心を持っていた内容だと気づいた。
    でもただの「会員制ビジネス」ではないことに気づいたのは、この本を読んでから。
    仕組みと事例を紹介するだけで、儲かる構造にまで定量的に言及しているわけではないのが消化不良。ここから先は自分で考える。

全21件中 1 - 10件を表示

前田出の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス W....
ジェイ・エイブラ...
トニー・ブザン
ジェイ・エイブラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密に関連するまとめ

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密を本棚に「積読」で登録しているひと

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密の作品紹介

1896年民法制定以来、112年ぶりの公益法人制度改革で、あなたのビジネスにも優良顧客を一気につくり出すチャンス!いま、業界の垣根を越えて、新しいムーブメントが起ころうとしています。一気に業界トップに舞い降りる!インストラクター事業。いままで封印されたノウハウが、はじめて明らかとなる。

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密はこんな本です

一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密のKindle版

ツイートする