知識の源泉―イノベーションの構築と持続

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Dorothy Leonard‐Barton  阿部 孝太郎  田畑 暁生 
  • ダイヤモンド社 (2001年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478373569

知識の源泉―イノベーションの構築と持続の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダイナミックケイパビリティを意識しながら読んだので、知識ベース経営論との関連性が理解出来て良かった。

全1件中 1 - 1件を表示

知識の源泉―イノベーションの構築と持続の作品紹介

戦略上の知識資産であるコア・ケイパビリティは、継続的に刷新させ続けなければならない。日常の企業活動と環境変化に対応して、絶えず革新を続けながら知識資産を磨くことで自社のケイパビリティが真の強みとなる。一方、革新を誤ると組織の硬直性(リジディティ)を生み、この強みが自社の弱みへと一変する。本書は組織での知識が構築されるメカニズムを徹底解明し、知識優位をもたらす組織の本質に迫る…。

知識の源泉―イノベーションの構築と持続はこんな本です

知識の源泉―イノベーションの構築と持続のハードカバー

知識の源泉―イノベーションの構築と持続の-

知識の源泉―イノベーションの構築と持続のペーパーバック

ツイートする