サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小野博通
  • 筑摩書房 (1986年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480020413

サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バザーの棚にあって、タイトルがなつかしくつい買ってしまった。何でも今は絶版とのことだけどなんのなんの、80年代にこの指摘は凄い!『サーロインステーキ症候群』というのは要するに脂肪のつき過ぎによって身体の各所(脳も含む)が『あるべき状態』から劣化してしまうことの総称。つまり今でいうメタボリックシンドロームとロコモティヴシンドロームの両方を含んでいることになる。要介護状態になるきっかけは骨折が多い→筋肉を鍛えていないから。糖尿病と認知症は相関が高い→脂肪が溜まり過ぎると外出しにくくなる、血行が悪化するなど外的刺激を受けにくくなる、等々。もちろん今ならいろいろな面が変化しているだろうけど、もう一度読まれていい本だと思う。

  • 摂食障害を持つ人に嘘の無い古典

  • 読んで損はありません。おもしろい。

全3件中 1 - 3件を表示

小野博通の作品

サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)はこんな本です

サーロインステーキ症候群―医学的に楽しくやせる本 (ちくま文庫)の単行本

ツイートする