世界史の流れ―ヨーロッパの近・現代を考える (ちくま学芸文庫)

  • 52人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Leopold von Ranke  村岡 晢 
  • 筑摩書房 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480084484

世界史の流れ―ヨーロッパの近・現代を考える (ちくま学芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドイツ皇帝のための歴史講座。面白かったです。

  • 史学概論講義の副読本。歴史学の歴史というマニアックにもほどがある授業がなぜか一般教養でした。うーん。でも、ランケと実証経済学、さらに民衆と分化の歴史学としてのアナール学派への展開は講義の中でも最も面白かったところです。
    勢い余って歴史のための戦いも買うてまいましたし、やっぱなんだかんだで歴史は楽しいものです。

  • 希代の歴史家、レオポールト・フォン・ランケによる、ヨーロッパ史の講義。

    内容、うろ覚えです。でも面白かったな、確か。

全3件中 1 - 3件を表示

世界史の流れ―ヨーロッパの近・現代を考える (ちくま学芸文庫)はこんな本です

ツイートする