ドイツ語のしくみ

  • 158人登録
  • 3.84評価
    • (14)
    • (26)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 清野智昭
  • 白水社 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784560004968

ドイツ語のしくみの感想・レビュー・書評

  • CD収録内容。CDDBの自動取得だと語頭が大文字になるのが気に入らない方はコピペしてお使いください。

    1 Hallo, mein Name ist Peter.
    2 Mein Vater ist in Wien.
    3 Mozart ist in Salzburg.
    4 Hans ist in Dortmund.
    5 Boris Becker ist Tennisspieler.
    6 Schneider ist Student.
    7 Das ist Bach.
    8 Das ist Ludwig.
    9 Das ist Herr Schuhmacher.
    10 Das ist Frau Kaufmann.
    11 Hier ist München.
    12 Leipzig ist in Sachsen.
    13 München ist in Bayern.
    14 Mein Deutsch ist gut!
    15 Fischers Fritze fischt frische Fische. / Frische Fische fischt Fischers Fritze.
    16 Guten Tag!, Frau Müller.
    17 Guten Morgen!
    18 Guten Abend!
    19 Auf Wiedersehen!
    20 Tschüs!
    21 Danke schön!
    22 Bitte schön!
    23 Ist das Bach?
    24 Ja, das ist Bach.
    25 Nein, das ist nicht Bach.
    26 Wer ist das?
    27 Wo ist Ihr Vater?
    28 Was ist das?
    29 Wie ist mein Deutsch?
    30 Er ist mein Lehrer.
    31 Sie ist meine Lehrerin.
    32 Wie ist Ihr Name?
    33 Das ist der Computer.
    34 Das ist die Tasche.
    35 Das ist das Bild.
    36 Das ist ein Computer.
    37 Das ist eine Tasche.
    38 Das ist ein Bild.
    39 Welcher Computer ist gut? Dieser Computer ist gut.
    40 Welche CD ist gut? Diese CD ist gut.
    41 Welches Buch ist gut? Dieses Buch ist gut.
    42 Das ist ein guter Computer.
    43 Das ist eine gute CD.
    44 Das ist ein gutes Buch.
    45 Das ist der neue Computer.
    46 Das ist die neue CD.
    47 Das ist das neue Buch.
    48 Das ist guter Wein.
    49 Das ist gute Milch.
    50 Das ist gutes Bier.
    51 Ich möchte zahlen!
    52 Lernen Sie Deutsch? Ja, ich lerne Deutsch.
    53 Thomas lernt Japanisch.
    54 Sabine lernt Englisch.
    55 Sie arbeitet jetzt.
    56 Thomas spricht Japanisch.
    57 Maria fährt gern Auto.
    58 ... 続きを読む

  • わかりやすく言葉の仕組みを説明してくれるので、ドイツ語初学者には嬉しい本。

  • やっと読み終わった~。もっとさくっと読まなきゃだめだった…しかも、もっと早く、学生の時に、いや、ドイツ語やると決めた時に即、読むべきだった…そしたらもうちょっととっつきやすかったのになあ。ドイツ語好きだけど。何度も読んで、このくらいの内容覚えてしまうくらいでないとだわ。ドイツ語ちゃんとわかるようになりたい。再読します…他の入門書も読んでみたい。

  • あたしはドイツ語入門書好きですw
    すでに初級くらいならわかるんだけど、面白そうな入門書を見つけると、なぜか買っちゃうw

    さて、そんななかでも、人に一番最初に勧めるのは、まぁこれかな、と。

    安いし、読みやすいし、わかりやすい。
    帯に「新書みたいにスラスラ読める!」と書いているだけあって、単純に、読み物としておもしろいです。

    全然勉強している気にさせない。読んでいて楽しいし、少し笑える。
    けど、それでいて、実は結構、基本中の基本はしっかり頭に入る…ハズ。

    というわけで、ドイツ語に興味があれば、まずはこの本を読んでみることをオススメします。
    ドイツ語に興味を覚えること間違いなし。…たぶん。

    ただ、ホントにごく基本的なことしか説明されないので、ちゃんとドイツ語をやりたい場合は、他の入門書と併せて読むことが必要。

    それから、付属のCDが、昔のシングルCDサイズなのに注意。あたしのもっているCDプレーヤー及びパソコンでは、そのサイズのCDは差し込めません。

  • 一番最初に買う本として最適です。

    付属CDに一切日本語がないのもいい。
    難しい表現は出てこないので、本文を読んでいれば日本語がなくても簡単に理解できます。

    本には図表がないので、ドイツ語をちゃんと学ぼうという人が単独で使うには不向きかも知れませんが、他の入門書と一緒に使えばとても有用だと思います。

    私は一番最初にこれを買ったおかげで、「ドイツ語はややこしい」という先入観が薄れスムーズに学習に入れました。

  • 難しそうなイメージのあったドイツ語への抵抗がなくなりました。

  • 題名のとおり、「しくみ」がよくわかる本。形容詞の変化ってそういうことだったのか・・・! 学生のときドイツ語はそうとうがんばって勉強したのだが、ここに書いてあるようなこと、本当に理解してたのかなぁ。
    初学者にとってはありがたい一冊。

    そうそう、どうやら同じ人の本で「中級ドイツ語のしくみ」というのもあるらしい。いつか読みたいものだ。ま、まず初級を卒業してからですけどね。

  • Amazonのレビューの評判どおりに分かりやすい内容でした。活用表など文法に係る教科書的な記述が少ないので、何度が前に戻って読み直しが必要でしたがそれが返って良かったです。

  • 語学テキストというよりは、タイトル通り「ドイツ語のしくみ」を簡単な文から解き明かしていくような本です。

    語学系の本にしては珍しく新書サイズで、駅などでフラッと読むのに最適な本。

  • ドイツ語の勉強を始めた息子が読んでました。
    親切丁寧でわかりやすいそうです。

  • 「中級ドイツ語のしくみ」を先に発見してしまったのですが、ドイツ語のおおまかなようすがざっくり知れる1冊です。
    参考書的な構成やレイアウトではなく、読み物的にながめられるので、なんとなく、途中で嫌になる確率が低そう(たぶん)。
    ひとつの項目は見開きか数ページずつで構成されていて、空き時間に開いて読むのもおすすめです。
    これから改めて「中級ドイツ語のしくみ」を読みたいと思います(笑)。

  • 「中級」を読んだ後に初級者向けを読む。やはり見開き一ページでまとまっているのは読みやすく、後から参照しやすい。ただ、この本では格の説明に際し、慣れ親しい数字ではなく、「主格・対格〜」などを用いている。
    この点については後の「中級 ドイツ語のしくみ」で「入門書であるにも関わらず、他の参考書との接続に向かない表記はよくなかった」として、修正されている。

  • 良書。
    教科書的な語学学習が向かない為、こういった読み物として覚えていけるのは有り難い。
    今までのテキストで難解だったドイツ語を少しずつ理解してきている。

  • いろいろな言語を少しずつかじりたくて、読んでみました。
    ドイツ語のことが、ざっくりわかってよかったです。

  • ドイツ語がどんなものなのかざっと概観できていい感じの本だった。
    CDの音声とページがうまく連動していない点が残念。
    しかしドイツ語は文法がかなり複雑で手強そうだ・・・

  • 「表に頼らない」のがコンセプトのため、暗記して索引を活用するにはあまり向かないが、外国語にちょっと触れるくらいのノリで読むには最適。

  • これまでドイツ語を勉強したことがなく、なんとなく英語に近い?というイメージしかない状態でこの本を読んでみる。

    すごい・・!
    前半だけで頭を抱えたりすることなく、読み方はなんとなく分かるようになった。
    分かりやすい文章や例で楽しくドイツ語に触れられる本だと思う。
    楽しく入門できる感じ。
    ただ後半になると、ある程度の文法を知った上での方が頭に入りやすそう。
    これだけで文法マスターはちょいと私には難しかった・・。

    軽くCDでドイツ語の音が聞けるのも嬉しい。
    文章はないが、リルケの詩なども収録されている。
    リズムが非常に心地よい。

  • はじめての1冊としては極めて良書。

全24件中 1 - 24件を表示

ドイツ語のしくみの単行本(ソフトカバー)

ツイートする