ブクログ大賞

さんかく山のマジルー―真夏の夜の夢 (ポプラ文庫)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 中江裕司
  • ポプラ社 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110133

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さんかく山のマジルー―真夏の夜の夢 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 南国の風土をいっぱい感じられる。映画と一緒に楽しめる。

  • 映画のネタ本です。
    うん!こっちのほうが良いかも。
    童話として子供にも読ませたい作品です
    読んでから観るか、観てから読むか…悩むところです(笑)

  • 琉球王国のお話です。

    絵がたくさんあって
    読みやすい。

    本が苦手な人でも
    読めると思います。


    心がキュン☆
    となる作品です。

  • シェイクスピアの『真夏の夜の夢』を沖縄風にアレンジ?したこの本。
    『ナビィの恋』や『ホテル・ハイビスカス』の中江監督の書き下ろし。
    人間は、見えないものを恐れ、すぐに忘れる。
    キジムナーから見た『人間とは』が描かれていて、哲学的。
    実は、世の中がうまく回っているのは、『見えないもの』のおかげなのかも。
    見えないものも信じたいと思える一冊。

  • 文句なし・・・ 将来、子供に読ませてあげたいと思うほどにピュアであたたか。でも厳しくもある。
    悲しいことも、わすれたくない。
    沖縄に行きたくなっちゃう一冊。

    ★★★
    再読。ん?わからん、絵にまどわされていたんじゃないかなぁ。
    後半からどうも、読みづらくて。
    ただ、沖縄を知らないくせに、多くは語れないや。

  • 琉球・世嘉冨(ヨガフ)島の精霊(キジムン)のマジルーの物語。
    マジルーは、シェイクスピアとも出会っちゃって、真夏の夜の夢の原点になっちゃう。
    絵本のような文庫です。

  • かわいいサイズの絵本♪映画も楽しみ♪♪

全7件中 1 - 7件を表示

さんかく山のマジルー―真夏の夜の夢 (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

さんかく山のマジルー―真夏の夜の夢 (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さんかく山のマジルー―真夏の夜の夢 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする