([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)

  • 54人登録
  • 4.46評価
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 永井 するみ 
  • ポプラ社 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591116739

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ルパンもので最初にこれを読んだ。美しい令嬢オルタンスと共にルパンが8つの謎を解いていく。したがって8つのストーリーからなる。中でもオルタンス嬢が何者かにさらわれる段では、彼女のフランス語の名前の頭文字がOではなくHであることにビックリ。フランス語とは難しい言葉だと思い知った。何かとお話が8という数字に絡められておりなかなか洒落た造りの構成になっていたと思う。名作じゃなかろうか。

  • ルパンもので最初にこれを読んだ。美しい令嬢オルタンスと共にルパンが8つの謎を解いていく。したがって8つのストーリーからなる。中でもオルタンス嬢が何者かにさらわれる段では、彼女のフランス語の名前の頭文字がOではなくHであることにビックリ。フランス語とは難しい言葉だと思い知った。何かとお話が8という数字に絡められておりなかなか洒落た造りの構成になっていたと思う。名作じゃなかろうか。

  • 真夜中の野原に馬を走らせる小さな人影があった。孤独な美少女、オルタンスだ。彼女は青年公爵レニーヌに救われ、荒れ果てた古城でおそろしい秘密の真相を知る。古城の大時計が八時を打ったとき、オルタンスは公爵の助手となって、八つの事件を解決することを約束する。
    【解説/永井するみ】

  • 元々のタイトルは「八点鐘」だったか。

    8つの事件をオルタンス嬢と共に解決していく。
    一つ一つの事件があっさりしている感じもある。
    彼女とのコンビはもっと続けてほしかった。

  • ルパンカッコいいぜ

  • 小学生時代に読み耽った。表紙が何より興味をそそった。悪党なんだけども紳士。盗むし戦うし、解決するし。悪として善のスタイルは、善として破天荒のホームズよりカッコいいと思っていた。せっかくの復刻なので、もう一度読みたいと思う。

  • ルパンと少女オルタンスの冒険を8つの短編に。
    8つもあるのかめんどくさいな、1っ個にすればいいのにと
    読む前に愚痴愚痴していた自分が情けない。

    非常に素晴らしい出来ではないか?
    なんだろな。これは読後非常に気分が良かったです。

    斧で頭かち割る女とか出てきておどろおどろしさはあるけど、
    正しい思いをしている人たちが、幸せになる話は良いものだ。

    最後のほうにはもう最後か・・・すこしさびしくなった。
    そしてラストは無茶苦茶かっこいいなぁ。
    さすがルパンといったところ。

    まだまだルパンと少女オルタンスの話を読みたいとおもいました。
    最初は1っ個でいいとか言ってたのに・・・

  •  2010年3月5日購入

全8件中 1 - 8件を表示

([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

南洋一郎の作品一覧

南洋一郎の作品ランキング・新刊情報

Maurice Leblancの作品一覧

Maurice Leblancの作品ランキング・新刊情報

([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)はこんな本です

([る]1-5)八つの犯罪 怪盗ルパン全集シリーズ(5) (ポプラ文庫)のKindle版

ツイートする