年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。

  • 91人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (9)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 野村絵理奈
  • ポプラ社 (2011年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591125434

年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相手に伝わるように、ロジカルに話すための構造をロジックツリーを使って分かりやすく説明されていた。ロジックツリーを話しかたマップに落として構造立てて準備するこのやり方に則って実践すれば、全て上手くできそうな気がする。
    また、話の話題(ネタ作り)について、何かのネタについて常に自分はどう感じたのかをまとめる癖をつけること、ネタから自分の仕事や業界に絡めて連想を広げていく事で、ネタが自分のことになる。そしてそのネタについて語る時、自分の発信したこととして初めて相手の心を動かすことができるという。自分のことに置き換えて考えることの重要性を感じた。
    聞き手を引き付けるスピーチのテクニック、話の内面と話の外見は、スティーブ・ジョブズやオバマ前大統領に共通するポイントとして紹介されている。
    日常生活での心がけから、スピーチの準備段階、スピーチ本番において、習慣化したい大切なことが網羅されている。

  • まーまー。

  • 学び
    ①スピーチで相手の心を動かすには、まず自分がその情報(商品)に何倍も感動することだ
    ②これから何をいくつ話すのか先に伝えると、聞く側は整理がしやすい
    ③魅力的なプレゼン・スピーチには「視覚的要素」「身体的要素」がある
    ex.この商品のxxをみたとき、ワクワクした

    アクション
    ①ニュースを見て、自分に置き換えて考える
     ex.xx事件の被害者の親だったらどんな気持ちだろう?
    ②ほうれんそうをするときはなにがいくつあるのかを先に言う
     ex.連絡が1点あります
    ③ファシリテーションのときに、
     「視覚的要素」「身体的要素」を満たした例示をする

  • 何故相手に伝わらないのか?
    それはロジカルに話していないから。

    感情だけでなく、根拠のある内容にを相手に伝えること。
    現状と目標の明確化。
    グルーピングによって相手の頭に準備をさせる。
    間は相手が話の整理をする時間。

    なかなか実用的な内容。
    こんな小手先で、と思われるかもしれないが、ツール(言葉)を使いこなして相手に伝えることが大事。
    勢いだけではやっていけない。

    普段の生活でも使えるように考えながら話したい。

  • [所要時間]
    1時間半

    [本の概要]
    ロジカルシンキングのストラクチャーを利用し、メッセージをロジカルに相手に伝える技法が書かれている本。スピーチ編、報告編、プレゼン編がある。

    [感想]
    プレゼン、スピーチに関する研修や本を読んだことがあれば見聞きしたこともある内容が書かれている印象。少なくとも私にとっては既知の内容が多かったが、そのような研修、本を読んだことがない人にとっては良い本と言えるであろう。

    [気になった箇所の覚書]
    ・ビジネススピーチのポイント、仕事の話と自分の話のバランス、聞き手に聞いた意義を感じてもらう
    ・ビジネス・スピーチのネタの見つけ方、①知識、②プライベート、③連想
    ・ツカミを大切にする。ハッ(例:警察には3度お世話になったことがあります。)、ホッ(今気になっていることが2点あります。1点目は薄毛で、2点目は日本の経済です。)、ふと(もし、寿命があと1年しかないとしたら、何をしますか。)。
    ・声を会場の後ろまで飛ばす、ソの声

  • 請求記号:336.4/Nom
    資料ID:50065403
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • ロジカルシンギングの話でした。
    ロジックツリーを使っての考え方がすごくわかりやすく書かれていました。
    考え方はわかりますが、実践するのはなかなか難しいですね。
    これができると、年収が2倍になりますね。

  • 「年収を2倍に~」の題名は直接関係はなかった。
    ロジックツリーを使って、効果的な話を行う意識を身に着けるのに良い本だと思った。

  • 返却期限のため、流し読み
    プレゼンと話し方の要点本
    一冊手元に置いておくのも有り

    ▼ロジカルな話し方@前半
    結論、原因、詳細な原因、の順で話す

    ▼プレゼン、報告の心得@後半
    結論、現状を述べて、その後に
    原因、対応策、今後の目標&予定。

    小説などでよく使われる起承転結の
    転から入ると聴講者を惹きつけられる
    →ゴルフが上手い人は出世する!的な

    ◆話し方のポイント
    明瞭な滑舌
    落ち着いた態度
    効果的なタイミングと間

    発音
    カ行 奥歯を噛みしめるように
    サ行 歯の隙間にちゃんと空気を通す
    ハ行 お腹の底から力強く
    マ行 唇を噛んで音を明確に
    ラ行 下を上顎に力強くつける

    緊張するのは仕方ないこと。
    話す間隔、声の大きさ、言葉の選択
    は練習を重ねれば改善される。

    むしろ緊張しない人の方がミスる。
    緊張は良いスパイス!!

  • 話の中身(構造、内容)と外見(態度、姿勢、気持ち)を高めて、話(スピーチ、報告、プレゼン)の質を高めていくためのテクニックの本。すぐ使えることばかりなので実用的でよい。情熱とか感情ってところが考えさせられた。2時間くらいでさくっと読めるのでお勧め。

全14件中 1 - 10件を表示

年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。を本棚に「積読」で登録しているひと

年収を2倍にしたければ、その話し方を変えなさい。はこんな本です

ツイートする