星は歌う 第5巻 (花とゆめCOMICS)

  • 512人登録
  • 3.84評価
    • (32)
    • (48)
    • (47)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2009年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592186052

星は歌う 第5巻 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

  • 一緒に行く約束をした花火大会当日。発熱で来れなくなった千広を気にかけるサクヤ。沙己の勧めで戸惑いながらもお見舞いにやってきたサクヤに千広の反応は……!? そして、千広の誰にも知られたくなかった東京での哀しい過去とは……!?

    --------------------
    千広がテーマみたいな巻。表紙がかなちゃん!
    サクと千広の距離が縮まった途端、せーちゃんがとんでもないことを言い出した。「サクは 身代わりなんでしょう?」もうサクが泣くのを見たくないからって、これはひどいよ。サクにも、千広にも。
    そして明かされる、サクたちに出会う前の千広の過去。千広の心の中の暗く哀しい部分。

  • 天文部もどきの部活に、それぞれの不幸を持ち寄る少年少女のお話。1巻から5巻まで。

    厳しい境遇の話を書いているなあと思って、3巻あたりでは割りと辟易していたのだけれど、それに負けるばかりでもないということがだんだん描かれてきて、少し面白くなってきた。

    どうしても不幸自慢を感じてしまうので(どうしても)私の中で名作にはならない感じだが、最終巻まではいけそう。
    不幸は次世代に連鎖しがちなことは統計的にも示されているが、

    なんとなくユーリの幸せを祈る。
    あ、でも、会長さんが勝つのも良いな。それでユーリが幸せになれればそのほうが良いや。

  • この巻 深かったよ~。
    最初は夏祭りでいろいろあったけど、チヒロと一緒に花火が見れて良かったなって思ったけど。。
    チヒロの中学時代の話になって、サクラとゆう女の子がいて、自殺するとこはホントにちょっと漫画なのに、あぁぁって感じを受けた。絵がうまいなー。

  • 感想は最終巻に。

  • チヒロくんの過去話。
    ほのぼのしてるけど、暗くて悲しい。
    社会問題みたいな感じかなぁと。
    かなちゃんと優人さんのやり取りが面白い。

  • 一緒に行く約束をした花火大会当日。発熱で来れなくなった千広を気にかけるサクヤ。沙己のすすめで戸惑いながらもお見舞いにやってきたサクヤに千広の反応は…!? そして、千広の誰にも知られたくなかった東京での哀しい過去がサクヤに知られてしまい…。

  • なんとも・・・・・いえないのですが、読むしか・・・・w

  • 千広くんの過去編。

    久しぶりに読んだら全く話を覚えてなかった…
    千広くん、けっこうハードな過去を抱えていらっしゃる。

  • 千広の過去が明らかに。
    今回も結構話が暗めです。

全14件中 1 - 14件を表示

星は歌う 第5巻 (花とゆめCOMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星は歌う 第5巻 (花とゆめCOMICS)のKindle版

ツイートする