それはなにかとたずねたら (白泉社花丸文庫)

  • 39人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (2)
    • (16)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 榊花月
制作 : 北畠 あけ乃 
  • 白泉社 (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592873181

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

それはなにかとたずねたら (白泉社花丸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 当たり外れの多い作家さんだが唯一好きな作品。
    これだけは何故か売る気がしないのは何故…‥(他は始球式も多かったのに)

  • 榊花月さんに初挑戦だったのですが、軽い文体が私には合わなかったような気がします。
    軽薄を装った風俗ビルのオーナー×冷めたフリーター。孤独な二人がお互いを照らす一筋の光のような存在になっていくという印象を受けました。
    とにかく文体でひっかかってしまったので、萌えは感じられず。

全2件中 1 - 2件を表示

それはなにかとたずねたら (白泉社花丸文庫)を本棚に登録しているひと

それはなにかとたずねたら (白泉社花丸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

それはなにかとたずねたら (白泉社花丸文庫)の作品紹介

高校を中退後、一人暮らしをしている笛吹椿は、借金を返すため昼間は洋服屋の店員、夜は清掃員のバイトをしている。ある日、椿は清掃に行っている風俗ビルのオーナーである三木欧彦から「いい仕事」というものを紹介される。だが、その「いい仕事」とは「三木の愛人になる」だった。当然椿は拒否!でも社長さんは強引に…。

それはなにかとたずねたら (白泉社花丸文庫)はこんな本です

ツイートする