パタリロ!―選集 (5) (白泉社文庫)

  • 88人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (3)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 魔夜峰央
  • 白泉社 (1995年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880752

パタリロ!―選集 (5) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後ちょっと本来のストーリーに戻ったけど、この巻もパラレルがけっこう多かった印象。最初はキ◯ガイじみた子どもだったパタリロが、だんだんスーパーマンかと思うような能力の高さを見せ始めて、しかもそれなのに相変わらずバカで、最高のキャラだな、と思う。天才とバカを共存させた稀有なキャラ。

  • 読書録「パタリロ!選集5」3

    著者 魔夜峰央
    出版 白泉社

    P217より引用
    “それにしても毎日たくさんの薬を飲まされるのには閉口する
    なにしろ薬の副作用をおさえる薬まであるんだからまいった
    誰かがもうけるためにこんなに飲まされるのにちがいない”

     目次から抜粋引用
    “パタリロ桜吹雪
     マリネラに降る雪
     赤い人魚
     パタリロの1日
     恋の旅路”

     南海の小島の王国の少年国王を主人公とした、少女漫画風ハ
    チャメチャギャグ漫画。
     常春のマリネラ王国、いつもの様に暇つぶしをしていたパタリ
    ロの元に、いとこから手紙が届いたのだが…。

     上記の引用は、パタリロの1日を描いた一話でのパタリロの台詞。
    10歳にしてかなりの数の生活習慣病を患っているパタリロですか
    ら、薬漬けになっているのも仕方が無いのかもしれません。いい
    ものを食べようと思えば、いくらでも食べることが出来るという
    のは、実に体にわるいものなのでしょうね。
    しかし、プラズマX等の凄い発明が出来るのですから、薬を飲まな
    くてもいい方法を編み出してもいいようなものだと思うのですが。
    まあ、何もかも出来てしまっても、より一層可愛げのない主人公
    になってしまいそうですね。

    ーーーーー

全2件中 1 - 2件を表示

パタリロ!―選集 (5) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パタリロ!―選集 (5) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする