未来のうてな (第1巻) (白泉社文庫)

  • 81人登録
  • 3.24評価
    • (2)
    • (10)
    • (30)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 日渡早紀
  • 白泉社 (2003年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592886419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
有効な右矢印 無効な右矢印

未来のうてな (第1巻) (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 電子無料。日渡さん好きだけど未読でした。テンション高めだけど泣けるシーンがあって、外でじっくり読んだらダメなやつだ~。

  • あらすじ☆
    夢見る少年・茉雪健。
    高校の学校見学会で出会った超カワイイ他校生・鈴鳴苺に一目惚れ。
    名前もわからぬ彼女を思い、妄想上の物語の相方にしたりと想像力豊かだ。
    そんなとき、不思議少年・全(ゼン)くんと出会う。
    全の不思議な言動に困惑しつつも普通の学生生活を送っていた。



    ところがそんな時、母が交通事故にあったと一方が――


    感想☆
    最初の1~2巻は号泣です。
    もう枯れるんじゃないかってくらい泣けます。
    ところがどっこい後半は段々私の期待していた話とは違う方向へ話がころがっていってしまい・・・・ちょっと残念。
    うまく説明できないけれど花とゆめで読んでたときは途切れ途切れで上手くその世界に浸れなかったんです。
    日渡さんの漫画は一気読みしないとダメみたい。
    ですので☆3つ。
    一気に読んでたら多分こんな評価じゃないんです。今となってはどうしようもないですが。

  • ‘「人間」に 憧れて
     俺たちはいつも 壊れた夢を   喰う’

  • 1巻は泣けて泣けてしょうがない。その後の展開はさておき1巻は泣きたいときにかんぺきだ。

  • ゲーム好きな人はわりと好むかもしれない。

全7件中 1 - 7件を表示

未来のうてな (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

未来のうてな (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未来のうてな (第1巻) (白泉社文庫)はこんな本です

未来のうてな (第1巻) (白泉社文庫)のKindle版

ツイートする