天の神話地の神話 (白泉社文庫)

  • 92人登録
  • 3.27評価
    • (3)
    • (4)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 成田美名子
  • 白泉社 (2001年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592887126

天の神話地の神話 (白泉社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 天の人々と地の人々、そして特殊な能力をもつ「妖精」の住むクラックムーン島。
    両親をなくし一人ぼっちの女の子ヴィーはある日天のお館様の孫だと知らされ、屋敷に引き取られる。
    そこで天と地の人々の争いの原因を知ったヴィーは仲直りをさせようと立ち上がる。

    クラックムーン島は未来のNYという設定だそうです。
    設定が壮大な割にはお話のボリュームが少なくてあっけないラストだと思いました。
    成田美名子さんの繊細な絵が美しい。

  • 遥か未来のNYを舞台にした物語。
    人類は「天」「地」「妖精」族に分かれて、いがみ合っている。
    「天」と「地」両方の血を受け継ぐ少女ヴィーは、この三つ巴の状況を打破するために、奮闘する。

    「エイリアン通り」のセレム、「CHIPER」のシヴァっぽいキャラクターも登場して楽しい表題作とその他短編。

    成田さんの漫画にしては珍しくハッピーエンドじゃない短編もちらほら。
    でもあいかわらずの人間愛と人生を前向きに生きる姿勢は素敵です。

  • 全1巻。短編集。
    デビュー作の完成度の高さにビックリする。

  • ブックオフで買ってしまった・・・

全5件中 1 - 5件を表示

天の神話地の神話 (白泉社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天の神話地の神話 (白泉社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天の神話地の神話 (白泉社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天の神話地の神話 (白泉社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

天の神話地の神話 (白泉社文庫)はこんなマンガです

天の神話地の神話 (白泉社文庫)の新書

ツイートする