白いバラのブーケ (MIRA文庫)

  • 17人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • ハーレクイン (2003年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596910837

白いバラのブーケ (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

  • <マクレガー家>シリーズ第五段。
    マクレガーの主役・ダニエルとその妻アンナのなれそめ。

    良かった。ちょっとホロリとしたよ。
    ダニエルはアンナと出逢った頃は、自分の望みのものがしっかりと判ってて、相手がどうであろうと自分の望みに従わせようとしてた。
    ダニエルは結婚して、自分の家でパンを焼いたりレースのカーテンをつけたりして、自分の帰りを待つ従順な妻を理想に描いていた。
    でも、出逢って恋に落ちたのは、外科医になることを自分の使命と捉えていたアンナだった。

    ダニエルが、なかなかな男尊女卑?そこまでいかないかな?封建的?亭主関白的?ではあるのだけど、深い思いやりや魅力も備えてるんだよね。

    ノーラ・ロバーツはほんと、家族の絆を書かせると上手いんだよなぁ。
    アンナの親友のマイラも良いし、マイラを好きなハーバートもほんの少ししか出てこないけど、いい味出してるし。

    ほっと心があたたまる一冊。
    ☆4つ。

  • 【マクレガーシリーズ6作目】ダニエルとアンナの話。この二人、時代的にはかなり進んだ事をしたのね。それでもうまくいったのはそこに愛情があったからなんだろうな。また新たな孫も増えてますます賑やかな一家になりそうな予感。

  • マクレガー・シリーズ

全3件中 1 - 3件を表示

ノーラ・ロバーツの作品一覧

ノーラ・ロバーツの作品ランキング・新刊情報

白いバラのブーケ (MIRA文庫)はこんな本です

白いバラのブーケ (MIRA文庫)の文庫

ツイートする