恋のリグレット―伯爵夫人の縁結び〈4〉 (MIRA文庫)

  • 36人登録
  • 4.00評価
    • (6)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Candace Camp  佐野 晶 
  • ハーレクイン (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596914521

恋のリグレット―伯爵夫人の縁結び〈4〉 (MIRA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3.3
    完結編。
    自分の感情に対して悪あがきするフランチェスカ。
    シンクレアはハーレクイン的にかなりの萌えヒーローである。

  • まずまずかな(笑)このシリーズの最初の話しの時から、ゆくゆくはこの2人が...と想像出来ました。主人公とその相手の勘違い多いよね(笑)ドキドキ感は味わえました。

  • とうとう完結。ロックフォード公爵かっこいいわぁ。

  • シリーズの主役たちより気になっていた伯爵夫人フランチェスカとロックフォード公爵とのロマンス。
    子供の頃から知っていて相愛だった二人が誤解から別れ、15年後に再び想いを交わすのが素敵。
    婚約破棄されても、放蕩者だったホーストン卿が死んで困っていないかと気にかける公爵の一途さに泣けます(笑)
    借金を偽造して愛人なれと迫る悪党にもサクッと対処。
    昔彼に愛されていたのか不安だったフランチェスカの杞憂を吹き飛ばすほどのロックフォード公爵シンクレアにひたすら魅了されます(笑)
    こんな完璧な公爵様も口説き方はへったくそ。
    昔と変わらず回りくどくて、そんなことしてるから15年前も逃げられるんだよと突っ込みたい。
    それでも同じ徹は踏まず、フランチェスカの不安も一蹴して、たった2日後に結婚した意思の強さに感服。そして贈り物にも。
    この先も幸福に満ちていくんだろう二人の姿に読後感はスッキリ!
    お勧めの一品です。

  • 〈伯爵夫人の縁結び 4〉伯爵未亡人のヒロイン。公爵ヒーロー。
    前作で判明した事柄に衝撃をうけ苦悩し罪悪感に苛まれたヒロインの決心はわかるのだが ヒーローはもう長いことヒロインを恨みながらも多分愛してて 彼が彼女の財政難のために裏でこっそりやってた事なんて もう愛情なしではできんだろって。シリーズの主人公達のその後も幸せそうで 一番年齢いってる本作の主人公達にも幸せが訪れて良かった。

  • ここまで期待通りとは♪♪♪
    昔のペニー・ジョーダンの悲観的ヒロインや長いこと思い焦がれているヒーローが好きな自分にはあまりにツボすぎて即再読。
    (作家がアメリカ人なだけに公爵はペニーヒーロー程暗くないけど、それでも威厳溢れる公爵様がフランチェスカだけにはメロメロで、なのに恋愛が思い通りにいかずに焦れてるところとかw)
    公爵がせっせと外堀埋めてるのに、フランチェスカは気付かずマイナス思考のスパイラル。ほんともどかしくて切なくて、感動作ってわけじゃないのにフランチェスカに感情移入して切なくて何度も泣けてしまった。

全6件中 1 - 6件を表示

キャンディス・キャンプの作品

恋のリグレット―伯爵夫人の縁結び〈4〉 (MIRA文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋のリグレット―伯爵夫人の縁結び〈4〉 (MIRA文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋のリグレット―伯爵夫人の縁結び〈4〉 (MIRA文庫)のKindle版

ツイートする