注視者の日記

  • 16人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 港千尋
  • みすず書房 (1995年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622046998

注視者の日記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 写真家港千尋の1989年冬から1994年秋までの旅の記録。革命の息吹が渦巻くチェコスロヴァキア、紛争の最中のユーゴスラビア、テロリズムと監視の目に緊迫する北アイルランド、夏の地中海、上陸作戦から50年を経たノルマンディー。我々は常に多大なメディアに侵され、いかにただ与えられた投影をまるで他者が演じるドラマを眺める観客の如く鵜呑みにしてきたかと気づかされる。対象から距離を測った冷ややかな文面と、僅かな蠢きも見逃すまいと細部まで敏感に俯瞰する注視者としての眼差しが鋭く呼応する。鮮度をそのままに現在をも突き刺してくる。

  • 本に読まれて/須賀敦子より

  • 個人的な記憶と、歴史的エピソードのからめ方が巧みで叙情的な、ハートがっちりな一冊でした。

全3件中 1 - 3件を表示

港千尋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

注視者の日記はこんな本です

ツイートする