生のものと火を通したもの (神話論理 1)

  • 76人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 早水 洋太郎 
  • みすず書房 (2006年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (538ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622081517

生のものと火を通したもの (神話論理 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 洪水の創世神話って、アマゾンにもあるのね。世界中にあるそうですね。
    取り上げられる神話には、アマゾンの動物たちがたくさん登場していて素敵。巻末には絵もあって、読み物として読んだら楽しい。

  • 神話に興味がある人はまず、読んでみてはどうだろうか、確かに彼の神話分析は難しいが、さまざまな多くの神話を取り扱って分析していくのは秀逸

  • みすずが「近刊」と言い出してから待つこと20数年…。
    全巻刊行が終るまで読み始める事が出来ない。

全3件中 1 - 3件を表示

クロード・レヴィ=ストロースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルセル モース
クロード・レヴィ...
ボリス ヴィアン
J.L. ボルヘ...
クロード レヴィ...
クロード・レヴィ...
ジョン・ロールズ
トーマス・クーン
クロード レヴィ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

生のものと火を通したもの (神話論理 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生のものと火を通したもの (神話論理 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生のものと火を通したもの (神話論理 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

生のものと火を通したもの (神話論理 1)の作品紹介

構造人類学の探究の頂点に位置し、20世紀思想の金字塔と讃えられてきたレヴィ=ストロースの主著『神話論理』を、ここに刊行。ボロロの「鳥の巣あさりの神話」から、すべては始まる。

ツイートする