村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えて

  • 21人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 村田良平
  • ミネルヴァ書房 (2008年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623050918

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  外交官のエッセイである。秘密を明らかにするというものではなく、身近な例を面白く書いたものであるので気楽に読める。山本七平のエッセイを推薦するといった欠点は、日本の歴史を近代しか勉強していないのだろうと推測されてしまうので、せっかくいい文章なのに残念である。

全1件中 1 - 1件を表示

村田良平の作品

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えてを本棚に登録しているひと

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えてを本棚に「積読」で登録しているひと

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えての作品紹介

敗戦国、日本。多感な少年時代を暗転していく時代状況の中で過ごし、敗戦という現実を突きつけられた著者が、この国のために選んだ道は、外交官となることであった。戦後日本外交の最前線で活躍し、「時代」を担った人物が、戦後史の舞台裏を上下二巻で描き出し、新たな視座を提供する。

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えてはこんな本です

村田良平回想録 上巻−戦いに敗れし国に仕えての単行本

ツイートする