差別論 (明石ライブラリー)

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 佐藤裕
  • 明石書店 (2005年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784750322438

差別論 (明石ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    従来の、偏見や差別意識に関する理論を批判する立場から、「三者関係モデル」「他者の客体化」「われわれ」といった新たな概念を導入することで、「差別はなぜ起こるのか」「どうしたら差別はなくなるのか」という問いに正面から答える実践的な理論書。

    [ 目次 ]
    第1部 理論編(差別の定義;排除の理論;偏見理論批判;差別論の射程と解放の戦略)
    第2部 事例編(小説のなかの差別表現―筒井康隆「無人警察」;あいまいな表現としての差別語と「ワクチン」―石原都知事「三国人」発言;性別役割分業の非対称性―林道義『父性の復権』『母性の復権』)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 差別やいじめといった排除行為が、加害者の偏見とは別の論理からも引き起こされていることを、たいへん平易な文章で解説しているものです。乱暴にくくってしまえば、偏見理論=心理学的アプローチに対して、社会学的なアプローチを提示するのが本書です。

全3件中 1 - 3件を表示

佐藤裕の作品

差別論 (明石ライブラリー)の作品紹介

従来の,偏見や差別意識に関する理論を批判する立場から,「三者関係モデル」「他者の客体化」「われわれ」といった新たな概念を導入することで,「差別はなぜ起こるのか」「どうしたら差別はなくなるのか」という問いに正面から答える実践的な理論書。

差別論 (明石ライブラリー)はこんな本です

ツイートする