花宵ロマネスク -夜空に浮かぶキラキラの天使- (ビーズログ文庫)

  • 34人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (1)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 加藤千穂美
制作 : 乃上 冷紋 
  • エンターブレイン (2008年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757742543

花宵ロマネスク -夜空に浮かぶキラキラの天使- (ビーズログ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「触れるな」と言った桔梗先生の真意がわかったのは、大収穫。
    ゲーム・プレイ時には、私はそこまで読み取ることができなかったから。
    こういう補足は、嬉しいです。
    おまけの短編は微妙。
    四コマも一度も面白いと思ったことがないので、私はこの人のコメディは苦手なのかも。

全1件中 1 - 1件を表示

花宵ロマネスク -夜空に浮かぶキラキラの天使- (ビーズログ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花宵ロマネスク -夜空に浮かぶキラキラの天使- (ビーズログ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

花宵ロマネスク -夜空に浮かぶキラキラの天使- (ビーズログ文庫)の作品紹介

名門一族・宝生家に伝わる呪い『ロゴス』を解き、彼らの誰かと結婚することを先代当主より依頼されている珠美。悲しい宿命に囚われる彼らを次々と解放し、少しずつだが御曹司たちと打ち解けていっている。そんな中、菫とともゑの父親であり、行方不明となっている宝生家の長男・紫陽を見たという情報が。そして、複雑な宝生家の事情に深く関わっていく中で、いよいよ運命の当主誕生会当日を迎え-!?描き下ろし短編ももちろん収録。大人気携帯恋愛ゲームノベライズ、第3弾。

花宵ロマネスク -夜空に浮かぶキラキラの天使- (ビーズログ文庫)はこんな本です

ツイートする