サファイア (ハルキ文庫)

  • 1648人登録
  • 3.63評価
    • (60)
    • (195)
    • (186)
    • (19)
    • (2)
  • 143レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 角川春樹事務所 (2015年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758438957

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サファイア (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 短編集はあまり好きではなかったが、一話一話がとても凝縮されていて一気に読み進められた。不思議な話、あたたまる話、その中には救いのない話も。ラストのガーネットに見られる小さなどんでん返しは心に残る。

  • 読み物として好きな宝石がテーマの本だったので初めての湊かなえさん。原作付きのドラマを何本か拝見して、生々しく重い話が多い作家様だと感じて敬遠してました。登場する女性たちの個性がそれぞれ光るものがあり読み応えがありました。短編集は少しづつ消化するタイプなのに一気読みしてしまった。
    読了感がよくないものもありますが、宝石を角度を変えて眺めているような気分になります。雀の話がファンタジーで笑いました。着たきり雀とは言い得て妙。
    湊さんの本はいつも装丁が美しいので目を引きます。

  • 宝石をテーマにした短編集。

    湊かなえ作品は数冊読んだ程度の知識しかないのだけれど、
    最近で言うところの「イヤミス」作品が多い傾向にある方。
    イヤミスとは、読んだ後何となく嫌な気分になるミステリ作品の事をそう呼ぶらしいですが…。

    イヤミスは独特の「生々しさ」を孕んだミステリかなと思います。
    人間関係のもつれ、嫉妬、劣情、等といった人間があまり他人に見せたくない感情をミステリに含ませることで、読み手に「生々しさ」を覚えさせる。

    湊かなえ氏はどうやらイヤミスの女王、などと評されたりするらしいですが、『サファイア』もまた、多分に漏れずイヤミスに属すると思います。
    『猫目石』辺りに良さ?が出ているかと思いますが、
    ただし短編なのでそのクドさは幾分か薄れているよう。
    個人的には全体を通して大して嫌味は感じられませんでした。

    ミステリとしては広義のミステリ。
    人が死んだりその為にトリックが使われたりという部分は薄い。
    読みやすいけど、イヤミス好き(?)には物足りない。
    よく言えば丁度よく、悪く言えば中途半端。
    イヤミスの入門にどうぞ。
    そんな一冊。

    おススメは『ガーネット』

  • 湊かなえ作品の中では上位。
    後ろ2つだけ連作になっている所は良かった。
    いつものように救いの無い物だけではなく、少しホッとするラストを迎える物もあって。
    ムーンストーンが好み。

  • 表題を含む、宝石をタイトルにした短編集
    イヤミス感は少ないが、人間の不思議な出会いと欲と言う感情が…

  • 湊かなえさんの短編集。元気がなくなる作品もあれば、温かい気持ちになれる話も。お伽話の要素があるユーモアのある作品など、さまざまな作品が楽しめます。

  • 【頂き本】宝石のタイトルがついた7つの短編集。読みやすく、どれも面白く楽しめた。「Nのために」が僕にとって、いまいちやっただけに、よい意味で裏切られた。(^_^)男性目線のお話である「ダイヤモンド」が、好きかな。

  • 湊さんの作品というと重たく怖いという印象が強いけども、この本はそんな「らしさ」もありつつ、だけどちょっと明るさも感じさせるような作品でした。

  • ほとんどが後味の悪い終わり方だった。
    最後二つの話はその救済措置(?)的な展開かな。

  • ムーンストーンをテレビで見て原作を読みたくなりました。
    短編集のどれも面白かった。
    猫目石やサファイア、ガーネットが好きです。

  • 各篇に宝石の名前がつけられた短篇集。すべて後味がよろしくないと予想していたが、さほど悪くないものも混じっていたのが意外だった。最初の『告白』もそうだけれど、こういう短篇はうまいし、物語の語り手の選び方もいいなぁと思った。

  • 宝石を表題にした短編集。私的にはムーンストーンの話が見返りを求めない善意が力強い助けになるという感動のストーリーで一番良かった。人の心を闇と光を描く筆者の巧みさが各短編に宝石のように光っている。

  • 短編集で、ブラックな面や希望が垣間見れたり心情を揺さぶられた。

  • 短編集で、読みやすかった。電車などの移動時間で1話をさくっと読めてしまう感じがいい。また、各話の結末にはいつも衝撃を与えられる。

  • これらの短編が見せてくれる世界は、少しファンタジックでありながら、ご近所で起こり得るリアルにも感じられた。楽しめました。

  • 湊さんだけど、いわゆる“イヤミス”の話ばかりではなかった。毒気を期待すると薄いが、短編らしく軽くサクッと読める。

  • 宝石をテーマにした短編集。
    7つの短編はそれぞれに期待を裏切らない湊かなえらしさがちりばめられてました。ふわっとあまいラブストーリーやほのぼの家族の話と思わせておいて、途中からちょっとぞくっとするような展開が用意される・・・みたいな。
    中でも最後の2編、メインタイトルにもなっている「サファイア」とそれの続編になっている「ガーネット」は読み応えがありました。どん底に突き落とされるような絶望感から、あーそうきたかという展開に最後ちょっとうるっときました。

  • 宝石にまつわる短編集。
    ファンタジーなどもありちょっと驚く。着たきり雀て。
    本書最後の話はガーネットというタイトルが付いているものの湊さんのエッセイかなと思わせる冒頭で、ん?ん?っとふわふわ足元がおぼつかなくなる。そんな時表題作からの続きだとわかる。この巧みさよ。
    突きつけられる現実。明らかになる真実。
    それをどう捉えその先に繋ぐかで未来が大きく変わる。自分自身も大きく変わる。
    泣き喚き訴えるのかそれとも…
    そう言う考え方は身につけていたい宝石のようなものである。

  • ファンタジーぽいのも書くのね。後味が良かったり悪かったり。でも解説で「世の中キレイごとばっかりじゃないべ?」的なこと書いてあって、お勉強になるなっと思った。

  • 美しく輝く7つの宝石を巡る、人間の愛と悪意と希望を鮮やかに描く珠玉の短篇集。
    生活に困ることはないが、その存在が人に明るい希望を抱かせることもあれば、悪意の源になって犯罪の発端にもなりうるのが宝石である。イヤミスのイメージが強い湊作品だが本作はいい話もあって、バラエティに富む作品集になっている。それでもお気に入りは『ルビー』。いやーな感じのラストの締めが、らしくていい。美しいことは、ただそれだけで罪である。

  • 2017/1/12
    これはいい感じに終わりそうと思ったのが後味悪く終わり、嫌な予感しかしないと思ったのが希望を持って終わったりする。
    すっかり翻弄されてそれが気持ちいい。

  • 題名のサファイアを含め、どの短編にも宝石が出てくる。真珠、ルビー、ダイヤモンド、猫目石、ムーンストーン、サファイア、ガーネット。胸がざわざわする話が多いです。個人的には「ムーンストーン」が一番好き。後半で、登場人物に対する自分の思い込みが勘違いであることに気づきました。あ、こっちの人がこうだったのか、みたいな。

  • 真珠、ルビー、ダイヤモンド、猫目石、ムーンストーン、サファイア、ガーネットそれぞれの宝石になぞられたお話し
    楽しませてくれる短編集

全143件中 1 - 25件を表示

サファイア (ハルキ文庫)に関連する談話室の質問

サファイア (ハルキ文庫)を本棚に登録しているひと

サファイア (ハルキ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サファイア (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サファイア (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サファイア (ハルキ文庫)の作品紹介

あなたの「恩」は、一度も忘れたことがなかった-「二十歳の誕生日プレゼントには、指輪が欲しいな」。わたしは恋人に人生初のおねだりをした…(「サファイア」より)。林田万砂子(五十歳・主婦)は子ども用歯磨き粉の「ムーンラビットイチゴ味」がいかに素晴らしいかを、わたしに得々と話し始めたが…(「真珠」より)。人間の摩訶不思議で切ない出逢いと別れを、己の罪悪と愛と夢を描いた傑作短篇集。

サファイア (ハルキ文庫)のハードカバー

ツイートする